今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

上戸彩の後継者は武井咲か剛力彩芽? はたまた……

gourikiayame.jpg
『滴~Shizuku~』(集英社)

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎そこまで欲しいポジションか?

 ジャニーズとオスカーが売ると決めた人間が売れるのが芸能界。わかっちゃいるが、武井咲と剛力彩芽のあの「売れ方」はないよなぁ。既成事実ナシだもんなぁ。ま、世間てタレントに関して「よく見る」と「売れてる」をイコールで結びつけちゃう単純なところがあるから。これだけ後継ぎがしっかりしてれば、上戸彩も安心して嫁に行けるだろう。
 しかし、そもそも上戸彩って、そんなに二代目を探さなきゃならんような物件なんだろうか。そんなに死に物狂いのやっつけ仕事で首すげ替えるくらいなら、もういっそ「上戸彩」自体を襲名制にしちゃどうか。「二代目・上戸彩」を巡って、『ガラスの仮面』の紅天女みたいに、武井と剛力でどっかの山でガチンコ勝負。意外と忽那汐里が勝ったりして。ま、あとはこの二人(三人か)に、どうやって既成事実が後付されていくのか、紫のバラの人気分で見守るのみだ。

◎なにからなにまで現実の勝ち
 日刊面白裁判状態の木嶋佳苗。本当に、月並みな言い方でアレだが、ドラマ顔負けの面白さ。法廷シーンで引っ張るだけ引っ張って中身イマイチの『運命の人』(TBSテレビ)は、「なにこれ、木嶋の裁判のが面白いじゃん」てことで、正直かなり割を食ってると思う。内田裕也に赤っ恥をかかされ、中島知子にこづかいを減らされ、殺人容疑のデブスにテリトリーを荒らされ。モックンの運命の人っていっぱいいるな。本命はどれだ。

◎ヒアリングのヒアリングを求む
 女性宮家創設へ有識者ヒアリングを開始。ま、それはいいのだが、その「有識者」の中に田原総一郎が入ってるのは何でやねん。こんな問題を、田原総一郎なんかに委ねて大丈夫なのか。つーかそもそも何で田原総一郎が入ってるの? 田原総一郎が入っているせいで、他の有識者まで何かとばっちり受けているように見えるが気のせいか? とにかく、女性宮家問題の中身よりも、「有識者」の選出方法のが気になって仕方ない。まさか抽選ってこたぁないだろうな。討論の内容よりも、まずはその部分を国民につまびらかにして欲しい。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
ゴルフとは無関係に、石川遼の髪型に宿ってしまった意味
『淡麗グリーンラベル』CMで大野智だけセリフが変わった謎
ナインティナイン岡村隆史が真のエンターテイナーたりうる所以

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク