まぶし過ぎて目が潰れそう!

ジャスティン・ビーバーと友人たちのおふざけ動画がリア充過ぎる!!

SelenaGomez01.jpg
またジャスティンファンを刺激したセレーナ

 世界的アイドルのジャスティン・ビーバーとガールフレンドのセレーナ・ゴメスが、アメリカのティーンなら誰でも知っている人気アイドルたちとともに、プライベートな”おふざけ”ビデオを作成。ビデオ動画はYouTubeに掲載され、その”超リア充”ぶりに羨望の眼差しが注がれている。

 2月12日に開催された音楽界最大の式典である第54回グラミー賞授賞式には出席せず、ニューヨークのタイ・レストランで、バレンタイン前倒しデートを楽しんだジャスティンとセレーナ。いつもふたりきりの世界にドップリ浸っているような彼らだが、友達と遊ぶ時間もしっかりと確保しているようだ。

 インターネット上で大きな話題を集めているこのビデオは、ジャスティンがイチオシする新人歌手の曲に合わせて、アイドル仲間と一緒に和気あいあいとふざける作品。18日、大人気青春コメディ『Big Time Rush』で大ブレイク中のカルロス・ペナJr.(22歳)が、YouTubeの自身のアカウントに『”Call Me Maybe” by Carly Rae Jepsen – Feat. Justin Bieber, Selena, Ashley Tisdale & MORE!』というタイトルを付けてこのビデオを掲載したところ、わずか3日で300万動画再生回数を突破して、たちまち話題となった。

 ジャスティンとセレーナのほかにビデオに登場しているのは、『ハイスクール・ミュージカル』のシャーペイ役で世界的にブレークしたアシュレイ・ティスデイル(26歳)と、彼女の交際相手で人気ロックバンド「ボーイズ・ライク・ガールズ」のマーティン・ジョンソン(26歳)ら。仕事では見せないようなリラックスしきった表情で、おどける姿が収められている。

 ビデオは私宅で撮影されており、全員楽な服装であり、女の子たちはほぼすっぴん状態。音楽に合わせて、チョビヒゲをつけてダンスしたり、「電話して」の下りでバナナを耳にあてるなど、全員が超ノリノリ。アシュレイがお得意のダンスを披露したり、2分30秒のあたりでジャスティンとセレーナがキスする寸前までいったりと、見所満載である。

 ちなみに、監督・編集は、ジャスティンの大親友で彼のミュージック・ビデオを手がけている若手ディレクターのアルフレド・フローレスが担当。作品は、モノクロになったり、カラーになったりとメリハリがあるのだが、プロの手にかかっているのだと知れば納得である。

 このビデオを作った理由だが、ジャスティンが気に入っている「Call Me Maybe」を、もっと多くの人たちに聞いて欲しいという気持ちがあるからのようだ。カナダに滞在中、ラジオから流れてきたこの曲を聴き、即効でハマってしまったというジャスティン。歌うのは、カナダのアイドル発掘オーディション番組をきっかけで歌手デビューしたカーリー・ラエ・ジェプセンなのだが、ジャスティンは速攻で彼女にアプローチをかけ、自身のレコード会社「Schoolboy Records」とレーベル契約を結ばせるほど惚れこんでいる。

 今年1月にはセレーナがTwitterに、幸せそうに笑うジャスティンの写真を掲載し「この笑顔は、カーリー・ラエ・ジェプセンのおかげ。あなたの曲ばっかり聞いているの、もう止められないわ!」とツイートし、カーリーの知名度はさらにアップした。今回のビデオに登場するアイドルはみんな口パクをしており、「Call Me Maybe」がアイドル仲間の間でかなりのブームになっていることを、うかがい知ることができる。

 パパラッチに追い掛け回され、プライベートが全くないのではと心配されているハリウッドの若きアイドルたちだが、このビデオのように、誰かの家に集まり、わいわいと盛り上がることが多いのだろうか。あまりの充実ぶりに思わず嫉妬心さえも芽生えてしまう、そんな作品である。

『アンダー・ザ・ミスルトウ~デラックス・エディション(DVD付)(2012年カレンダー付)』

小栗さんと山田優さんもこのぐらいのリア充臭をまき散らしたいんだと思う。

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
「超ワガママなガキ」共演者がジャスティン・ビーバーにブーイング!
数々の記録を更新中! ジャスティン・ビーバー、2010年に41億円を稼ぐ
トップレス写真や携帯番号を掲載? 海外セレブもTwitterで誤爆

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー