[TVツッコミ道場]

「激しく抱いてほしい?」、徹子とクリス松村のガールズトークが大盛り上がり

kurisumatumura.jpg
『ラクダになるぞ』/ポニーキャニ
オン

 2月9日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)、ゲストは初登場のクリス松村。

 クリスといえば、かなりのアイドル・歌謡曲マニアで、歌番組やバラエティーでもその知識をよく披露している。そんなクリスにとっては、伝説の音楽番組『ザ・ベストテン』(TBS系)で司会を務めていた黒柳徹子はきっと憧れの存在ではないか。すると、

「76年の放送開始当時から、ずっとテレビで見てるんです」

 『ベストテン』どころか、『部屋』もヘビーウォッチャーだった。クリスといえば、相当なエリート家系の出身であることも一部では知られている。この日も言っていたが、おじいさんが代議士で、お父さんは外交官。オランダ生まれで日本では学習院の初等科に入学。ふたりの弟が、それぞれ秋篠宮殿下と黒田清子さんの同級生なのだとか。そんなクリスのすごい経歴を踏まえ、徹子が言う。

「そういうお育ちの中、突然オネエキャラで出てらっしゃるんですから」

 直球ですが、やっぱり気になるのはそこですよね。理想の男性は、故・田宮二郎だというクリス。今気になっている男性はというと……。

「サッカー日本代表の、ゴールキーパーの川島(永嗣)さんが好きです」
「アラ。いいですよね~! あの方、カリスマ!」

 徹子さんが食いついた!

「絶対ボールつかんだら離さないっていう感じ」(徹子)
「そこなんです!」(クリス)
「でしょ、あたしもそう」(徹子)

 と、川島の魅力について意気投合するふたり。さらに川島トークが続く。

「小さいネコがさあ、ボールかなんか離さないみたいで」(徹子)
「私の場合、そこのボールの部分をどうしても自分に思ってしまうので……」(クリス)
「あんなに激しく抱いてもらいたい?」(徹子)
「ていうか、離さない……みたいな」(クリス)

 見れば画面隅に、「黒柳と”イケメン談義”」と出ている。さらに、

「アナタはジャニーズ系の方たちも好きで」(徹子)
「……! 大好きなんです、もう!」(クリス)

 両手を胸に持って興奮するクリス。ふたりの”ガールズトーク”、今度はジャニーズネタへ。好みのタイプは、少年隊ならヒガシこと東山紀之で、SMAPだと稲垣吾郎。徹子が次々にグループ名をあげ、クリスがタイプのメンバーを答える。

「TOKIO」
「TOKIOだったら、山口(達也)くんが好きなんです」
「V6!」
「長野(博)くんが好きです」
「嵐!!」
「嵐だったら、櫻井(翔)くんが好きなんです」

 クリス曰く、「サラリーマンにしても、なんか、おだやかな感じで」と、タイプの傾向を分析していたが、これも清潔感ある田宮二郎とある意味通じる部分もあるのか。しかし、

「でも、元祖は近藤真彦さんです!」
「あっ、マッチ!?」

 徹子の声のトーンが一段あがった。さんざん前振りしてからの、マッチ。「ずいぶん違いますよ、ほかの人とね」と言いながらも、マッチの芸能界の母的存在の徹子さんはうれしそう。さすが番組をずっと見ているだけある。「”息子”をあんなに愛してくださってうれしいです」と、何度も御礼を言う。

 クリスの徹子との相性の良さはさらに続く。少年時代、ずっと坊ちゃん刈りみたいなヘアスタイルだったクリスが、初めて冒険して美容院でカットしてもらったときという写真が登場。

「コレ、カワイイ写真ね~」

 と、徹子はまず写真自体に食いついていたのだが、そのとき切ってもらったのが、徹子と同じ美容師さんだったのだという。

「松田くん!?」

 徹子ビックリ。そして、「彼に切ってもらってたの!?」と、大喜び。大ファンなのは伊達じゃない。徹子を知りつくしているのか? クリス、すげぇ。

 ガールズトークは終盤まで続き、クリスは最近ミッツ・マングローブやはるな愛と、スポーツマンとの合コンをやっているのだとか。それによって、最近は年上好みから、若い人もいいと思うようになってきたという話に。それこそ「知らんがな」というか、どっちでもいい話のような気もするが、

「年上の人が私も好きだったんですよ。いろんなことを教えてもらえるしね」

 またも、徹子さんがシンクロしてきた。クリスもやや食い気味に、「そうなんです!」と合わせる。

「そういうことではとっても年上が好きだったんだけど、やっぱり若い人たちと付き合うと、また全然違うの」

 と持論を続ける徹子。なんだか波長の合うふたり。徹子にとってはマツコ・デラックスに続く、新たなオネエ系おともだち誕生かもしれません。
(太田サトル)

『ラクダになるぞ』

ガールズトークというより、新たな生命体同士の会話だな

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
「どうぞお座りください」連発! 7歳の鈴木福くんにも容赦ない徹子
「『徹子の部屋』壊れちゃう!」室伏広治出演に、大はしゃぎの黒柳徹子
徹子が増長させた、川越節とイケメンシェフの果てしない野望

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. 新春ジャニオタ放談
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  19. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー