その他
【ジャニーズ研究会レポート】

写真も映像も好きじゃない! ベテランアイドル稲垣吾郎の本音

jinagaki03.JPG

【ジャニーズ研究会より】

 SMAPの稲垣吾郎とフリーアナウンサーの小島慶子が、その週の「課題図書」をあらかじめ読んできて紹介する『ゴロウ・デラックス』(TBS系)。2月9日放送分では、作家であり劇団を主宰する本谷有希子の『ぬるい毒』(新潮社)を紹介。

 男女の生々しい内面を描く本作を、吾郎は「結構僕は好きですよ。お世辞抜きに。唇がピリッとしびれるくらいなゆるーい毒を盛られた感じで」と独特の表現で高評価。この作品には「めんどくさい女」が出てくるという流れから、稲垣が一言「めんどくさい人多いじゃないですか、僕の経験上」。これは、恋愛で酸いも甘いも嚙み分けてきた大人のコメントかもしれません。

 本谷本人が登場し、演技することについてのトークに。本谷の「演技をする人は人間的に欠落してないと人前で演技なんかできない。まともじゃないと思います」という意見に、”俳優”・吾郎は「なんだコノヤロー」と……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク