その他
【ジャニーズ研究会レポート】

「経費落とせる?」山下智久、渾身のジョークが通じない!

jyamashita03.JPG

【ジャニーズ研究会より】

 山下智久がアメリカの国道「ルート66」を、自らアメ車を運転して横断するドキュメンタリー番組『山下智久・ルート66~たった一人のアメリカ』(日本テレビ系)。シカゴからロサンゼルスまでの約3,800キロメートルもの距離を進む中で、山下がさまざまな出会いを経験したり、思いを語ったりするこの番組は、1月から始まり、約3カ月にわたり放送されます。途中に、プライベートで親交の深いリリー・フランキーとの対談も挟んで進行します。

 これまでの放送では、アメリカ人相手に少し物おじしているようにも見えながらも、なかなか慣れた様子で英語を話し、アメリカを楽しんでいる様子でした。

 23日放送分では、旅3日目で、約940キロ進んだところからスタート。「男のロマンですよ。理由はないけど行くぜ、みたいな」と意気込みます。すると軽く雨が降ってきます。「洗車したあとの雨が一番むかつきますよ」と話す山下。そして、「高校のときの友達が風にキレてたけどね。カーテンがこう(彼のところに)来て、『風、この野郎』って。超バカでしょ。KAT-TUNの……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク