[連載]ヤリチン卒業!! 叶井俊太郎の子育て奮闘記

オレは番組に不適切? あの人気番組からのオファーがキャンセルに

kosodateillust103.jpg
(C)倉田真由美

 先日、日本テレビ系のトークバラエティー『人生が変わる1分間の深イイ話』の出演オファーをいただきました。この番組はゲストが体験した深い話がメインになるんですが、妻もオレも「深い話、何かあったっけ?」と思い返してみても、深い話は見当たらない。まあでもなんとかなるでしょ! と思い出演させてもらう旨の返事をしました。

 事前にネタ探しも兼ねて、オレと妻が取材を受けたんです。番組のディレクターから、妻との出会いから結婚後の生活などいろいろ細かく聞かれました。しかし、実際のところ「深い話」と言うほどの出来事は特にないんです。一般的に恋愛絡みの深い話だとそれなりに感動的な話になる可能性が高いと思うんですが、オレと妻にはそういう誰もが共感するようないい話が見当たらない。自己破産とか不倫裁判とかネガティブなネタばかり。

 強いて言えば「家事の役割分担で揉めることがない」かな。オレが掃除・洗い物を担当し、で、妻が食事と洗濯。この役割分担が一緒に住み始めて自然にできたんです。オレの今までの3人の元妻たちは、オレの家事についてあれこれ口出ししていました。例えば、洗い物のコップを見て「まだ泡がちょっとついてる」「洗ったらタオルで拭いてくれる?」などいちいち細かく指摘してきた。その度に「じゃ自分でやれよ!」とオレがぶち切れてケンカに発展。その繰り返し。でも妻くらたまとは家事でケンカしたことは全くない。というか、ケンカそのものがないということを話しました。

 「他に何か夫婦の共同作業的な事はないですか?」と聞かれたものの、思いつくのはゴミ捨てくらい。週2回のゴミ捨てはいつも2人でやってます。これも自然とルールができたんですよね。2人でやる方が早いし。という話をしたんですが、どれも深い話にはほど遠い。ディレクターに「これじゃ、番組的に弱いですよね?」と聞くと、「いや、まあなんとか構成は考えますが、他には?」と聞かれました。

 オレ的に深いと思われるネタは、妻くらたまと結婚して2年半、知り合って約3年経つんですが、その間、オレは一切浮気をしてません。他の女性にまったく目もくれなくなったんです。そりゃ男だから普通に街歩いてて「お! いい女!」と思うことはありますが、それで終わり。それ以上踏み込むことは完全にない。結婚してから何度か仕事の絡みでキャバクラにも行ったんですが、今までだと「あわよくば!」と思い電話番号を聞いていたんですが、これもなくなりました。その場かぎり! ホント、浮気をしたいと思わないんですよ。妻も大事だし、妻を裏切る=ココを裏切るということじゃないですか。結婚して以来、妻とココと一緒に過ごすのがマジで楽しいからなのかも。

 ディレクターに「妻と結婚してヤリチンではなくなった、というのはどうですか? これはかなり深いと思うんですが!」と提案してみたのに、「いや~、ゴールデン枠なのでシモネタは却下ですね!」「なんで? いい話じゃないですか!」と食い下がってみたんですが、無理なようです。「とりあえず、おふたりの話を持ち帰って、深い話になるのか検討します」とディレクターは帰っていきました。妻に「いまの話の中に深い話あった?」と聞いてみたら、「いや、全然ないでしょ」。そうだよなあ。2日後、妻のマネジャーからメールが来て、「今回のご出演は難しいのでキャンセルさせてください、ということです」。あれま、『深イイ話』の出演はなくなってしまった! 「妻と娘のおかげでヤリチンが治った」というのはオレの中で深い話なんだけど、まあしょうがないですね。

『突然、9歳の息子ができました。』

紳助さんなら言ってくれたと思いますよ、「ええ話やん」って。

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
おもちゃで溢れてた部屋がプロの手で大変身! そこでバレたオレのエッチな……
“元ヤリチン”を隠すため、横分けヘアでイクメンコンテストに応募しました!
高校時代のヤリチン友達に遭遇。オレは卒業したけど、ヤツはまだ現役だった!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク