コメンテーター気取りもほどほどにね

「画面汚い」発言の兵庫県知事、このままでは”NHK大河評論家”に?

tairanokiyomori.jpg
『平清盛 前編』(NHK出版)

 初回視聴率が歴代ワースト3位となったNHK大河ドラマ『平清盛』について、兵庫県の井戸敏三知事が会見で「画面が汚い。(視聴者が)チャンネルを回す気にならない」と発言したことが話題となった。関係者によれば、作品の向上に期待を込めての発言だったようだが同知事には批判が殺到している。

「井戸知事のコメントを見る限り、汚いというのは泥だらけの役者のメイクや、ホコリが舞うなどの演出の部分についてだったようです。『時代考証は史実に忠実にするとの方針は聞いているが、時代考証を学ぶために見るのではない』とも話していますが、この意味では『龍馬伝』の方がさらに汚かったのでは。結局は視聴率に期待を寄せていただけで、作品の中身について論評するつもりもなかったのでしょう」(ワイドショースタッフ)

 先の『龍馬伝』では龍馬の出生地である高知県、また昨年の『江~姫たちの戦国~』でも滋賀県内で博覧会を開催するなど、大河ドラマに各地が乗っかり”ご当地ビジネス”を展開することは周知の事実。それだけに初回視聴率17.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だった『平清盛』に、井戸知事も期待をかけ過ぎてしまったのだろうか。

 しかし、公人の立場にある県知事がテレビ番組、しかもドラマを批判することは異例のケースだ。連日のように「画面汚い発言」が報道されてしまい、ネット上では「知事とNHKがタッグを組んでるのでは?」といった意見まで書きこまれている。

「近年ではNHKも視聴率を気にしだしており、撮影現場での悶着が週刊誌に書かれる機会も増えています。例えば上野樹里が共演者とトラブルを起こしたり、宮崎あおいがスタッフの指示に従わず大物女優ぶっていたなんて話も。この中には、大河の話題性を広げるためにNHKサイドがあえて流した情報もあったようです」(週刊誌記者)

「果たしてどれくらい汚いのだろうか?」そう期待した視聴者が続出する可能性もあったが、第2回の視聴率は0.5%アップの17.8%というほぼ横ばいの結果に終わった。井戸知事は翌日の会見で「ドラマの展開は期待できる。面白くなっていきそうだ」とフォローするも、”汚い発言”に関しては「先週言った通り。明るい画質を検討してもらったらと思う」と撤回する姿勢は見せなかった。

「ここまで世論の反感を買うことは想定してなかったのでしょうが、今さら発言を翻すわけにもいかず、結果的に振り上げた拳の行き場を見失ってしまったのでは。井戸知事には過去にも失言でひんしゅくを買ったこともあり、本人も慎重になっているはず。しかし今後も『平清盛』放送後にまたマスコミからコメントを求められるでしょうから、周囲の人間にとっても頭の痛い話になっていることでしょうね」(前出記者)

 異例の発言から一転、思いがけず「大河ドラマ評論家」になってしまった井戸知事。視聴率以上に期待されてしまった『平清盛』への感想は、今後いつまで求められ続けてしまうのだろうか。

『平清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)』

この年頃のオッサンてなんでみんなこんななの?

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
ストリーミング放送も撮影もジャニーズ次第? NHK紅白の”配慮”事情
世の”韓流ゴリ押し批判”の最中に、NHKが放ったほっこり韓流番組
NHK水野解説委員の講演に女性が殺到! 人気沸騰で50人のキャンセル待ち
朝ドラの”お約束”を無視する『カーネーション』、リアリティーのある脚本が面白い
カット、ぼかし、傾け……お見事! NHKの商品名隠しワザ

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  7. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  12. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  13. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  14. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  15. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  16. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  17. 新春ジャニオタ放談
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー