今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

つい邪推してしまう、プリンセス・プリンセスの10カ月遅れの再結成

princes.jpg
『PRINCESS PRINCESS』/ソニー・
ミュージックレコーズ

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎年とると腰が重くなるもんでね

 プリンセス・プリンセス、震災を受けて再結成。「私たちにも何かできるかなと思って決めました」て遅っ。3.11からもう10カ月近く経ってるよ。震災直後、メンバー間で連絡は取り合ったそうだが、そこから再結成に至るまで、これだけの時間を要するって……。いろんな邪推を呼ぶから、シンプルにただ「再結成します」の方がよかったんじゃないか。「世界で最も反応の遅かったチャリティ」として、ギネスに登録されるかもしれん。

◎何テイクとったんだろ
 強風でスカートがめくれ、その股間から立ち上る香りを嗅いだ外国人から「ソノ香リ、ナンデスカ~?」と尋ねられ、「アロマリッチ!」と嬉しそうに答えるという、長谷川京子の柔軟剤のCM。あれ見て「まあステキ、あれ買おうかしら」となる主婦はいるのか。その設定の強引さにおいて、CM史上に残る怪作だと思う。

◎負けられない試合
 VTRは録画だが、それを受けてのスタジオは生進行。毎回一人専門家がゲストとして呼ばれる作りのNHK『クローズアップ現代』。ぎゅうぎゅう詰めの尺の中で、毎回時間きっかりで、締めのコメントをまとめて番組を締めくくる国谷裕子キャスターの名人芸が見モノなのだが、山田洋二監督を招いて「時代劇の危機」について特集した回は、見ててヒヤヒヤもんであった。
 「あのー、アレです、アレ」と、とっさに固有名詞が思い出せない、時代劇が脚光を浴びる韓国ドラマ界に対して「あんなに劣っていたのに」と口をすべらせる、尺を長く取る割に、的を射ないコメント連発と、監督の「生」に不向きな体質が次々と露呈。話を急がせたり、話の腰を折ってコメントをまとめるなど、時間内に収める為、時折ゲストに対し多少の荒技も交える国谷キャスターであるが、大御所・山田監督にそれは適用できず。ラスト、長々とした監督の話を受けての締めコメントが収まり切らず、ブツッと切れたのを初めて見た。悔しかったろうなぁ国谷キャスター。そして、山田洋二監督が生番組に出ることも二度とないだろう。久々にテレビ見てて手に汗握った。いや、松ちゃんのコント『MHK』以来だから久々でもないか。NHKって、意外と頻度高いわ。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
フジカラープリントのCMで樹木希林が本木雅弘に言うべきだった言葉
橋田寿賀子への忠誠を誓ったはずのTBSが、うっかり言ってしまった言葉
長年続くCMの妙味、「沢口靖子のリッツパーティ」に表れる女子会模様

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  5. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  8. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  9. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  10. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  14. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  15. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  16. テレビとギャップありなジャニーズ
  17. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  18. GENKING、元カレ質問で大失態
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. テレビとギャップありなジャニーズ
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー