誤操作が命取りに!

トップレス写真や携帯番号を掲載? 海外セレブもTwitterで誤爆

AnnaLynneMcCord.jpg
修正後のアナリン・マッコードの写真。これをどうしても載せたかった?

 多くの海外セレブたちが、ファンとのコミュニケーション・ツールとして活用しているTwitter。自分の気持ちを直接ファンに伝えることができるという安心感もあり、最近では結婚・妊娠・出産などを、Twitterで発表するセレブも増えている。しかし、あまりにもお気軽なツール過ぎて気を抜いてしまうのか、時にはとんでもない誤爆を投下してしまうことも。先日も、人気青春ドラマの美人女優が、誤ってトップレス写真を掲載してしまい、大きな話題となった。

 トップレス写真をTwitterに掲載したのは、90年代に一世を風靡したアメリカの青春ドラマ『ビバリーヒルズ青春白書』のスピンオフ『新ビバリーヒルズ青春白書』で、お高くとまったナオミ役を演じているアナリン・マッコード。彼女が先週、Twitterに載せた、裸の胸元を強調するような自撮りセクシーショットになんと乳首が写っていたのだ。

 この写真に気がついたファンが、「綺麗な写真だけど……でも、裸なのでは?」とリツイートしたところ、アナリンから「どうしよう! 削除したいんだけど、まだ載ってる?」とメッセージが来たとのこと。すぐに削除はできたのだが、よっぽど気に入った写真だったのか、アナリンは乳首部分をカットし、再びTwitterに掲載。乳首が写っていると指摘してくれたファンに、これで大丈夫かな?という意味を込めて、「これは、あなたのために@meganraee あなたって最高!XxxA」というメッセージと共に写真を載せたため、経緯を知らないネットユーザーから「いやらしい!」と注目を浴びることとなってしまった。

 アナリンは現在、17歳年上のバツ一俳優ドミニク・パーセル(『プリズン・ブレイク』のリンカーン役)と熱愛中。ドミニクは新作映画のためにマレーシアに長期滞在しており、ふたりはネットを駆使して愛を温めていると伝えられている。この自撮りヌードも、ひょっとしたらドミニクのために撮影されたものなのかもしれない。

 なお、アナリンは2010年9月に、車で接触事故を起こした相手から、対応が悪いとFacebookに携帯番号を晒されたしまったことがある。SNSの怖さを身をもって知っているはずが、うっかりトップレス写真を掲載してしまったのだろう。

 アナリンの大先輩にあたる、『ビバリーヒルズ青春白書』でドナ役を演じたトリ・スペリングも、昨年末、夫のディーン・マクダーモットによって両乳を曝け出した写真をTwitterで晒されるという被害に遭っている。ディーンは、かわいらしい息子の写真を紹介するべくTwitterに掲載したのだが、その後ろに、横たわる見事な乳が写りこんでいたのだ。持ち主の顔は見えなかったものの、トリが授乳のためシャツをめくりあげていたのは容易に想像でき、ネットで大騒ぎになった。

 我が道を行くお騒がせ男チャーリー・シーンもTwitterで誤爆したことがある。昨年12月になんと、自分の携帯番号を550万人のフォロワーたちに向かって公開してしまったのだ。

 「3XX-XXX-XXX 電話くれよ。C」というツイートは、ジャスティン・ビーバーに送るメッセージだったそうだが、レストランで食べながら携帯電話をいじっていたため、誤操作でTwitterに掲載してしまったとのこと。ファンサービス旺盛なチャーリーは、Twitterを見たというファンからの電話に「ハイ、ピザ屋です」「ウィニング!」と出ていたが、そのうち回線がパンク。「あ~、新しい携帯が必要かな~」と嘆いていたという。なお、1分間に1,800通の携帯メッセージが送られていたという記録が残っているとのことで、彼の不動の人気を物語っている。

 ほかにも、大ヒット・コメディー映画『寝取られ男のラブ♂バカンス』のジェイソン・シーゲルが、「まだ起きてるのかい? うちに来ないか」と誰かを誘うメッセージを、誤ってTwitterに掲載。すぐに削除されたが、誰へのメッセージになのかとファンをやきもちさせた。

 次期ニューヨーク市長の候補と言われていたアンソニー・ウィーナー下院議員も、自分の下半身写真を誤ってTwitterに掲載。写真は、フォロワーの女性に送りつけるつもりだったことが明らかになり、一大セックス・スキャンダルを巻き起こしてしまった。アンソニーは議員辞職に追い込まれ、今も笑いネタとしてつつかれている。

 次は、誰により、どんな誤爆ネタが投下されるのか。いろいろな意味でセレブたちのTwitterは注目を集めている。

『コワ~いツイッターの話』

芸人のナンパツイートのセンスのなさは異常

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
またお騒がせ! 紗栄子、ツイッターで子どもの顔をアップし即削除
「謹慎した後また復活します!」伊藤英明、ツイッター誤爆で謹慎中
「金とってんのに最低だね!」Jr.メンバーが関ジャニ∞をTwitterで批判

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  11. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  12. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  15. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  16. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  17. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  18. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. GENKING、元カレ質問で大失態

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー