根回しって大切!

宮根誠司のスキャンダルも瞬殺する、バーニングとワイドショーの盤石の基礎

miyaneblog.jpg
宮根誠司公式ブログより

「女性セブンさんの記事はすべて事実です。大変お騒がせしてすいませんでした」

  6日に生出演した、今年初放送となったお昼の情報番組『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)の冒頭で、こう発言し深々と頭を下げて謝罪したのは同番組の司会を務めるフリーキャスターの宮根誠司。同日発売された「女性セブン」(小学館)で報じられた隠し子騒動について謝罪したが、その後は、何事もなかったかのように淡々と番組を進めていった。

「宮根アナはほかにもフジテレビ系『Mr.サンデー』(フジテレビ系)の司会を務めているが、報道番組の司会者として本来なら隠し子騒動はアウトで、降板させられても文句は言えない。ところが、結局、何のおとがめもないようだ」(テレビ関係者)

 同誌が報じた記事によると、宮根アナは6年ほど前に大阪・北新地でホステスをしていた、現在は飲食店を経営する女性と出会い、その女性との間に今年2月で4歳になる女児がいて、認知もしている。また、再婚した現在の妻と二股交際を続け、結婚後も関係が続いていたという。現在の妻との間には7カ月前に女児が誕生し、2つの家庭で2人の子供を養っているわけだが、宮根アナは堂々と同誌の取材に応じ、「子供はどちらも宝ですから、両方ともかわいいですよ」と現在の心境を語っているというのだが……。

「同誌によると、隠し子の母親の知人から昨年12月に情報がもたらされ、宮根アナに取材を申し込んだところ応じ、すべてを包み隠さず話したというが、あまりにも美談仕立ての記事。同誌の新春号のスクープで、なおかつ発売日と『ミヤネ屋』の今年最初の放送が被っているなどタイミングも良すぎる。宮根アナの案件だけに、どうやら背後で”大きな力”が動いたようだ」(週刊誌記者)

 宮根アナといえば、大阪・朝日放送の局アナを経て2004年3月に独立。独立後は大手芸能プロ「フロムファーストプロダクション」の大阪支社に所属していたが、2010年3月末で同プロとの契約を解消。東京進出を果たした同年4月、新たに芸能プロ「テイクオフ」を設立したが、裏で糸を引いていたのが”芸能界のドン”ことバーニングプロ・周防郁雄社長だったという。

「『フロムファースト』からの独立を促し、同社で宮根アナについていたマネジャーを引き抜き『テイクオフ』の社長にした。『Mr.サンデー』が放送開始したころには周防氏発信で沢尻エリカ夫妻の離婚危機をスクープさせたり、日テレからフリーになった羽鳥慎一アナを『テイクオフ』に所属させ、羽鳥アナが司会を務める『モーニングバード!』(テレビ朝日系)のコメンテーターにバーニング所属の島谷ひとみや周防氏とじっこんの長嶋一茂をねじ込んだりと、周防―宮根ラインは盤石。もちろん、周防氏とのつながりはスキャンダル対策にもなる。暗黙の了解のようにスポーツ紙やワイドショーは宮根アナの隠し子騒動について目立った後追い報道はなかった」(同)

 ある意味で絶対安全な”保険”をかけておいたおかげで、隠し子スキャンダルでも宮根アナの地位が揺らぐことはなかったようだ。

『Burning Man: Beyond Black Rock [DVD]』

バーニング?

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
因縁の対決!? 宮根誠司と小倉智昭の共演の裏事情
宮根誠司は及びもしない、『24時間テレビ』で見せた徳光さんの名人芸
強引取材が警察沙汰に! 『ミヤネ屋』に各方面からクレーム殺到
ミヤネもメロメロで「抱いて」とねだる! 玉置浩二がモテる秘密
ぶっちゃけ料亭女将&井脇ノブ子の眉毛にミヤネ屋騒然!?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク