今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

フジカラープリントのCMで樹木希林が本木雅弘に言うべきだった言葉

motokimasahiro01.jpg
でも全部「伊右衛門」のCMに見えち
ゃう

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎聖子もいたよ!
 樹木希林とモックンが顔を会わせ、樹木が「どこかでお会いしましたよね……」と尋ねるフジカラーのCM。ま、この二人が揃うとそれだけで雰囲気出るが。どうせこのカードを揃えたんなら、モックンに向かって「やっちまいな!」と言って欲しかったな。そしたらここ何年もしてない現像しに、フジフイルムのお店に駆けこんだのに。それにしても今「フジフイルムのお店」って見ないよな。このCMも「フジフイルムのお店で現像を」って内容じゃないみたいだし。出演してるタレントは豪華だけど、何を宣伝したいのか今一つわからない、燃費悪ィCM。

◎久しぶりのジョニ子ニュース
 祝・ジョニー・ウィアー結婚。女子アイススケート選手として活躍する夢は叶わなかったが、こっちの夢は叶ったわけだ。新年早々いいニュースが聞けてよかったよかった。こういう道が開けると、羽生結弦クンの件もひと安心だな。もちろん、私が勝手に安心しているだけだが。でも本当に、本当にひと安心だ。

◎今回で10回目でした
 さんまとキムタクという2大スターが、毎年何かにチャレンジする模様を伝える正月の定番番組『さんタク』(フジテレビ系)。しかし今年は、ほとんどの尺がスタジオでVを見ているだけ。あとは「被災地の少年野球チームと試合でふれあい」という企画が最後にほんのちょっと。さんまとキムタクの他に、どんな豪華メンバーが参戦するのかと思いきや、登場したのは蛭子能収ただ一人。しかも登場してすぐ「ボク野球やったことない」だと。いや、私はかえって充分にうれしかったけども。「さんタクのゲストに、蛭子能収たったひとり」ってのは、「SPA!」(扶桑社)の「バカサイ」の世界だと思う。後々、「思えば、あの時蛭子さんが出て来たときが、ターニングポイントだったよね」と皆で頷き合うような。歴史の傍観者になったような気分。……おくればせながら、皆さま、あけましておめでとうございます。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
橋田寿賀子への忠誠を誓ったはずのTBSが、うっかり言ってしまった言葉
長年続くCMの妙味、「沢口靖子のリッツパーティ」に表れる女子会模様
全米で大人気の由紀さおりが、なぜか日本で盛り上がらないワケ

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  5. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  12. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  15. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  16. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  17. GENKING、元カレ質問で大失態
  18. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 煙たがられているゴリ押し若手女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. テレビとギャップありなジャニーズ

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー