[連載]亀井百合子の「オシャレな女に憧れて」

城ガール、男の家事、パチンコ……女のたしなみを身につけるムックガイド

 2012年、新しい自分に出会いたい。今年こそは”女のたしなみ”を身につけたい。そんなあなたに贈る魅惑のムックを3冊ご紹介します。これを読めば、「先端の女」「愛される女」「賢い女」になれますよ。

sironotetyou.jpg

1、先端の女になるために「お城の手帖」(辰己出版)を読む

 数年前「歴女」が一大ブームとなりましたが、「城ガール」というのも2010~2011年ごろからチラホラ出現しているようです。このチラホラ具合のときに一気に乗り込んで、流行の先端を行きましょう。ということで、読むのは「お城の手帖」(辰己出版)。

 しかし、しかし! 大特集「姫路城のすべて」と題して、大学教授の方が執筆なさってるんですが、文章が長くて多くて漢字と固有名詞だらけで、冒頭からいきなり挫折しそうになりました。「石田三成を倒し事実上の実権を握った家康だったが、大阪の豊臣勢が脅威であることに変わりはなく、難攻不落の堅城をつくり信頼できる輝政を置くことで、広島城の福島正則や萩城の毛利輝元など、西国や九州の大名へ睨みを利かせようとしたのだ」ってハァ? 初心者に読ませようという思いやりがみじんも感じられません。さすが城、無知な庶民には冷たいわ。

 唯一、興味がわいたのは、「姫路城を攻める」というページ。ここも大学教授の文章で漢字が多いんですが、”戦国武将の気分で城を攻める方法をガイドする”というアイデアがおもしろかったです。たとえば、「は」の門。「つま先上がりの坂の向こうに大天守がそびえる。大天守を目前にして士気が高まるが、すぐに通路は迂回し、大天守に背を向けることになる。(中略)戦意を喪失させる心理戦の舞台である」ですって。頭の中に、バカ殿・稲垣吾郎ちゃんの姿が浮かびましたよ~。映画『十三人の刺客』のごとく吾郎ちゃんの首を取りに行くかと思うと、城ってかなり刺激的な場所。ゾクゾク興奮します。「城ガール」というとあんみつ姫みたいな人を想像してたけど、実はスリリングでかけひき上手な女性に向いているのかもしれません。

dankaji.jpg

2、愛される女になるために「男家事(ダンカジ)」(ミリオン出版)を読む

 男に愛されたいなら男の心理を熟知している必要があります。そのために、男性向けの本を読むというのは有効ですね。特に、男性向け家事のマニュアル本「男家事」(ミリオン出版)を読めば、うまく家事を頼むことができるようになり、イケメン獲得&楽々結婚生活の一石二鳥がかなうかもしれません。

 しかし、しかし! 冒頭から理屈っぽいのには閉口しました。最初の一文からいきなり「男性が家事をする。全然おかしいことではない。男とか女ではなく、単純に家事は面白く、しかも奥が深いものなのだ」ですからね。そこから始めるか、とためいきが出ます。家事は面白いからとか奥が深いからとかでやることでもないでしょーに。なんなんですか、その理由付け。

さらに、モノが捨てられないのは「心の問題」として、フィギュアを買い続ける男性の心理を分析。いわく、「自分が小さいころフィギュアが欲しかったが、親に買ってと言えなかった。大人になった今、フィギュアをたくさん買うことで、小さいころフィギュアで遊べなかった寂しい気持ちを補おうとしている」ですって。つべこべ言ってないでさっさとヤフオクに出して金に換えてこい! と叫びたくなります。でも、その気持ちを抑えて、男の心理を理解するように努めましょう。この本を読む目的は、イチャモンをつけるのではなく、男の心理を理解することですから。

 男性にはメカ好きも多いためか、ルンバおよびその他の掃除機カタログも掲載されています。高級掃除機なんかてめえらにはもったいねーんだ、クイックルワイパーで十分だ! と叫びたくなる気持ちを抑えてください。また、片付けをビジネスの”PDCAサイクル(Plan、Do、Check、Act)”に当てはめているページもあります。てめえらの片付けはパワポ使ってやんのか、アホじゃねーの? と言いたいところを、グッとこらえます。ページを繰ると、「男性が何か家のことをするなら、PC周りやTV、オーディオ周りの配線をキレイにしてあげてください。(中略)女性の苦手分野なので、とても喜ばれると思います」という記述もありました。ハァ? こちとら、おまえらの小っせープライドを傷つけないように、自分でやった方が早いところをわざわざ頼んであげてるの、知らねーの!? ……と、一事が万事、イライラしっぱなし。男ってめんどくさい生き物ですね。でも、それに耐えることが愛され女の第一歩。この本は忍耐力が養われること請け合いです。

pachinko.jpg

3、賢い女になるために「パチンコオリジナル実戦術プレミアムBOX vol.5」(コアマガジン)を読む

 みんなの憧れ、京都のお嬢様・中村玉緒の趣味はパチンコです。と聞くと、はんなり志向のぶぶ漬け女子もパチンコをやってみたくなるはず。ということで、「パチンコオリジナル実践プレミアムBOX vol.5」(コアマガジン)を読んでみましょう。このムックは、付録の2枚組DVDが主体の商品。DVDには、なんとパチンコ動画が8時間も収録されています。内容は「萌え・萌えメイドご奉仕バトル」「極ぱちんこバラエティー帰れまっ10」「パチンコ演出オークション欲望全開ドケチSP」などなど、手を替え品を替えいろんな企画が入っているのですが、それぞれ違うのは導入部くらいで、ほとんどは出演しているライターや編集者がパチンコを打っている様子を映しているだけ。パチンコ好きは、他人がパチンコをしているのを見てもおもしろいもんなんですかね!?

 付属の「豪華スペシャルブックレット」にとてもおもしろいページがありました。「ヒキ強のパチンコに関わるちっちゃな悩みにお答えしちゃうのだSP」。ヒキ強さんは、付録のDVDにも多数出演していますが、「パチンコがそんなに好きでもないパチンコライター」だそうです。その悩み相談のやりとりをご紹介しますと……(以下、Qは筆者が要約しています、Aはヒキ強さんの回答の抜粋です)。

Q、勝ちが続いて蓄えができたので何に使ったらいいか。
A、ギャンブルで手に入れたあぶく銭、そんな汚れたお金、まともに使っても良いことが起こるとは思えません。最悪の使い道は、子供の教科書代と給食費です。(中略)ギャンブルの金で育てた子供は間違いなくグレます。

Q、パチンコ中は1分1秒が惜しく、食事休憩をとるタイミングを失ってしまう。(36歳・男性)
A、36歳ってことはたぶんデブですよね? 本気で1分1秒が惜しいなら、ダイエットだと思って一食ぐらい抜いたらどうですか?

Q、自分はカワイイのに周りの扱いが雑。(女性編集部員)
A、昔バンギャだったり、今もプロレス好きで韓流好きという女子としてイタ過ぎる感じが、ビジュアルのカワイさだけでは、カバーしきれてないんじゃないでしょうか。

 さらに「大金持ちになりたい」という相談には、「パチンコを打つ大金持ちはいるかもしれませんが、パチンコを打って大金持ちになった人はいません」とこの世の真理を説いてしました。ウィットに飛んだ切り返し! アナーキーかつフリーダム!! 胸がすくようなおもしろさで、筆者はライターとして惚れました。こういう誰が読んでいるのかわからないような雑誌に意外と素敵なコラムが転がっているもんなんですよね。メジャー誌にとてつもなくつまんないコラムが載ってることもあるのにね。

 ということで、筆者はドケチなんでパチンコのおもしろさはめざめそうにはありませんが、パチンコ誌のおもしろさにはめざめました。今後もパチンコ誌はチェックしたいと思います。電車の中で会社で気になる男性の前で、パチンコ誌を読めば、新しい自分に出会えそうです! 淑女のみなさん、2012年はパチンコ誌で人類への愛と自由と知性を身につけましょう。
(亀井百合子)

亀井百合子(かめい・ゆりこ)
1973年、東京都の隣の県生まれ。編集プロダクション勤務を経てフリーランスライターに。ファッション誌やカルチャー誌のライター、アパレルブランドのコピーライターとして活動中。

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
断捨離本は本当に役に立つ? 大掃除を前に話題の本を読んでみた
「前戯は必要ない」71歳の本音も! 冬休み、声に出して読みたいムック
家出、いじめ、セックス……暴露系「読モ本」をオバサンが読む

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク