乙女ゲーム業界のウラに迫る

アイディアファクトリーが語る、『オトメイト』作品製作背景と乙女の”萌え”トレンド

hakuouki.jpg

 今やエンタメ業界からも注目される年末の一大イベントとなった「コミックマーケット81(コミケ81)」(2011年12月29~31日)の参加者総数が50万人を記録した。震災・超円高により海外から遠征する参加者や「本番の最終日」と呼ばれる3日目の来場者数は減少したものの、女性向けサークルが数多く参加・出展した初日と2日目の動員数はトータルで昨年より1万人増加したという。

 ところがゲーム好き女子にとって、今年の冬の本命は、コミケ会場の外にあった模様。新宿マルイワン(2011年12月30日に終了)と京都マルイ(1月6日~9日まで)にて開催の、女性向け恋愛ゲームブランド「オトメイト」(アイディアファクトリー株式会社)のイベント『薄桜鬼 冬の市&オトメイト ウィンターマーケット』だ。新宿マルイワンでは、シュシュやバッグチャームなどが入った数量限定の「トレンドグッズセット」が早くも完売し、異例の追加再販となった。また、同社の人気タイトル『薄桜鬼』は居酒屋チェーン・はなの舞とコラボメニューを展開、「隊士カクテル」のほか「薄桜鬼コース」までそろえた充実ぶり。まさに「オタ友(オタク友達)オンリー女子会」対応と呼べそうだ。

 乙女ゲーム業界の寵児となった「オトメイト」は創立以来、半期に3~4作品のハイペースで女性向けゲームをリリースしているブランドだ。中でも2008年9月の発売から現在もなお人気の高い『薄桜鬼』シリーズは、業界に新風を吹き込んだだけでなく、コミック・小説・ドラマCDなどのメディアミックス展開や、2010年のTVアニメ『薄桜鬼』『薄桜鬼 碧血録』放映によって、ゲームファン以外にも広く認知されるタイトルとなった。また、2012年2月には最新作『薄桜鬼 幕末無双録』(PSP対応)の発売も控えている。

 今回はオトメイト作品を手掛けるアイディアファクトリー(株)のプロデューサー氏に、乙女ゲーム業界の動向から女性の萌えの変遷、そして今後の展望と勝算をうかがった。

■メディアミックスが大きく当たった『薄桜鬼』

――『薄桜鬼』シリーズ以前と以降で、乙女ゲーム市場を取り巻く環境は変わったのでしょうか?

IFプロデューサー氏 身近なところだと、弊社から発売される乙女ゲームのタイトル数が増えましたね(笑)。というのも、それまで弊社は多くの乙女ゲームをコンスタントにリリースしていたのですが、他社様からも多くの乙女ゲームが開発されるようになり、それに比例して弊社のリリースタイトル数も増える結果になりました。よく、業界の転機として『薄桜鬼』が取り上げられるのですが、単純に乙女ゲームという市場が一般に認知され始めた時期に『薄桜鬼』を発表できたという幸運も手伝っていると思います(笑)。”オタク志向”の女性層が徐々に世間に広まってきた時期もこのあたりだと思いますし。

――「オトメイト」の歴史や、女性向けゲームブランドを立ち上げたきっかけを教えてください。

IFプロデューサー氏 2005年に発売されました『ふしぎ遊戯 玄武開伝 外伝 鏡の巫女』が、弊社で最初の女性向けタイトルですね。その後『星の降る刻』をリリースし、だんだんと女性向けゲームのノウハウや市場がわかってきました。そして『緋色の欠片』がリリースされます。『緋色の欠片』も、初めはまずまずのセールスでしたが、同タイトルのファンディスクの発売をきっかけに人気が伸びてきた印象です。そこからタイトル数を着々と増やしていき、その中で『薄桜鬼』が発売され、現在の体制になりました。

――「オトメイト」ブランドが得意とするゲームジャンルや世界観、他社ブランドとの差別化で気を付けている点は?

IFプロデューサー氏 「オトメイト」としては、高品質のアドベンチャーゲームをコンスタントにユーザーに供給することに気をつけています。また『薄桜鬼』シリーズや『緋色の欠片』シリーズをはじめ、長くユーザー様から愛されるシリーズタイトルが多くあるのも特徴だと思います。
 また、女性に受け入れられる「ゲーム難易度」というのを、常に気にしています。弊社のブランドの特色の一つとして、コンシューマーゲームに初めて触れる女性ユーザーの方が多数おります。ですので、それらの方々にも受け入れられやすい難易度で、なおかつ従来のユーザーの方にもご満足いただける難易度、といったようにゲームバランスの絶妙な調整に力を入れております。

――『薄桜鬼』シリーズの魅力とは?

IFプロデューサー氏 『薄桜鬼』シリーズの魅力として真っ先に思いつくのが、カズキヨネ氏がデザインしたキャラクターたちです。幕末の時代を生きた新選組隊士たちの、猛々しくもあり、それでいて優美なデザインは、多くのユーザーの方の心に響いていると実感しております。それに名実共に力をお持ちである声優の方々による甘いセリフも魅力の一つです。また、ストーリーも重要な魅力の一つです。隊士たちの生き様を儚く描いた本作は、単純に読み物としても完成度が高く、女性だけでなく多くの男性にもプレイしていただきたいですね。

――オトメイト作品のファン層(ターゲットおよびコア)について教えてください。

IFプロデューサー氏 弊社のタイトルは幅広い層の女性をターゲットとしております。その中でも10代から20代の比較的若い層、特に学生が多くを占めている印象です。オトメイトの場合、さまざまなタイプの作品がございますので、タイトルによってもファン層が違いますね。
 また、『薄桜鬼』のアニメ化によって男性ユーザーが増えました。そちらからはストーリーと女性キャラクターを評価していただいているようです。

――アニメ化をはじめとするメディアミックスによって、ファン層はどのくらい拡大したでしょうか?

IFプロデューサー氏 爆発的に拡大しましたね。『薄桜鬼』のアニメ化によって、”普段アニメは見るけどゲームはしない”という女子層が乙女ゲームへ興味を持っていただけたことが大きかったです。アニメを見てゲームの『薄桜鬼』をプレイしていただき、その後、他の「オトメイト」タイトルにも興味を持っていただくことができました。

■乙女の萌えトレンドと、ゲームブランド「オトメイト」の挑戦

――女性ユーザーから求められる「萌え」に流行はあると感じられていますか?

IFプロデューサー氏 女性向けキャラクターで流行の変化はあまり感じられませんね。昔も今もクールなキャラクターやドSキャラは人気がありますし。ただ今は、キャラクターの個性が一つだと飽きられてしまうので、「○○で××」のような「複合キャラクター」ですね。「普段はだらしないのに、いざという時は決める」や「普段は優しいのに、私にだけは鬼畜」のようなキャラクターは人気がある印象です。

――個人的に注目されている女性向けの「萌え」トレンドはありますか?

IFプロデューサー氏 ここ最近「オヤジ萌え」の女性が増えてきていると思います。オトメイト作品でも攻略キャラクターとしてオヤジキャラが何人かいますが、どのキャラクターも人気がありますね。ただ設定が30代のキャラクターは、それだけでオヤジキャラ認定されているようで、周りの男性スタッフはなんとも複雑な気持ちのようです(笑)。

――『薄桜鬼』など既にケータイアプリ化もされたタイトルもありますが、携帯電話やスマートフォン用アプリに対する可能性は感じていますか?

IFプロデューサー氏 モバイルコンテンツには多くの可能性を感じますね。現在進行形でスマートフォン市場が活性化していますので、今後も女性向けのコンテンツを発表していきたいです。やはり、携帯電話は今や生活の中でなくてはならないアイテムですので、そこに乙女ゲームが参入することは、業界にとっても重要なことだと思います。

――今後のリリース作品で挑戦してみたいことがあれば教えてください。

IFプロデューサー氏 『薄桜鬼』に続く、爆発的ヒットタイトルを生み出したいです。”アニメ化”はヒットの起爆剤として非常に有効な手段ですので、現在発売中のタイトルがアニメ化できればいいですね(笑)。また、2012年の春先から新作タイトルが多くリリースされるので、未来のヒットタイトルがこの中から生まれるのでは? とひそかに期待もしております(笑)。

――発売間近の『薄桜鬼 幕末無双録』への意気込みをひと言お願いします。

IFプロデューサー氏 シリーズ初のアクションゲームです。今回のタイトルで、初めてアクションゲームに触れるユーザーの方もいると思いますが、すべての女性ユーザーに受け入れられるゲーム難易度で調整しておりますので「アクションゲームは……」などと物おじせずに、ぜひプレイしてみてください。また、『薄桜鬼』本編とは違う”もしも”のストーリーが楽しめるのが特徴です。本作オリジナルの新キャラクター「西郷隆盛(CV:置鮎龍太郎)」と「桂小五郎(CV:KENN)」の二人も登場します。攘夷派の志士たちの登場で、薄桜鬼の物語がどう変わっていくのか、楽しんでください。
(※編集部注:「CV」とは、キャラクターの声を演じる声優のこと)

 硬派なやり込み型ゲームが流行したのも今は昔。気になるストーリーの中でイケメンからささやかれる「甘いセリフ」のご褒美に加えて、先に進みやすい難易度で最後まで遊べるゲームが多くのリピーターに支持されていたのだ。また、最新作を携帯ゲーム機対応ソフトのみで発売する点や、モバイル対応ソフトへの意欲からも、それらが”好きなものといつも一緒にいたい”という女心をくすぐる要素のひとつだということは想像に難くない。だが”財布の紐が堅い”とされる女性たちが、どのハード(ゲーム機)やキャリア(携帯電話端末)を支持するのかによって、乙女ゲーム業界の展開は大きく変わりそうだ。また「オヤジ萌え」という新たな萌えトレンドはどんな乙女ゲームに結実していくのかーー乙女ゲームの世界はまだまだ成長していきそうだ。
(山口小夏)

『薄桜鬼 ~幕末無双録~(通常版) 特典 設定ガイドブック付き』(PSP)

最新作『薄桜鬼 ~幕末無双録~』。薩長土を中心とした新政府軍と、徳川家臣を中心とした旧幕府軍との熾烈な争いが描かれる。

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
56巻でも未完! 『王家の紋章』の乙女ゲー的世界はいつまで続くのか?
甘いストーリーにハマる乙女が続出! 「ぽにきゅん」の誕生秘話
「いつの時代も王道を欲してる」折原みとが語る、少女マンガの萌えポイント

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  7. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  8. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  13. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  14. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  15. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  16. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  20. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー