調子にのってCMにも出てるわよ~

マライア・キャリーが30キロの産後ダイエットに成功!

MariahCarey02.jpg
え! ミミたんの旦那ってラッパーなんだ!

 今年4月に双子を出産した後、30キロを越える減量に成功した歌姫マライア・キャリー。彼女が広告塔を務める大手減量プログラム会社の最新コマーシャル映像が、このたびネットやテレビで公開され、話題を呼んでいる。マライアは、露出度の高いコスチュームを身にまとい、リバウンドが懸念されているボディーを惜しげもなく披露。自信に満ち溢れた表情で、41歳とは思えぬ若々しい笑顔を振りまいている。

 2008年に10歳年下の俳優兼ラッパーのニック・キャノンと再婚したマライアは、辛い流産、不妊治療を経て双子を妊娠。結婚3周年にあたる4月30日に、元気な男の子と女の子を出産した。臨月にはニックも脱がせて夫婦で記念ヌード写真を撮影するなど、思う存分妊婦生活をエンジョイしていたように見えたが、産後、妊娠中毒症に近い状態となり絶対安静が言い渡されていた時期もあったと告白。むくみにより、40ポンド(約18キロ)も体重が増加し、とても苦しかったと明かした。

 40ポンドのむくみは産後1週間で解消したものの、30ポンド(約13キロ)は全く減る気配がなく、マライアは減量を決意。世界中にダイエット・センターを展開する「ジェニー(旧ジェニー・クレイグ)」の減量プログラムを7月からスタートさせた。このプログラムは、ジェニーから送られているバランスのとれた1日1500カロリーのダイエット・ミールを食べ、定期的にエクササイズを行いながら、無理なく体重を減らしていくというもの。献身的な夫のサポートもあり、マライアは順調に体重を落とし見事13キロの減量に成功したのだった。

 マライアが広告塔を務めるのは、この「ジェニー」である。世界的な永遠の歌姫がダイエット会社のイメージモデルに就任することを、あざ笑う者も少なくなかったが、マライアは「私は、この声で歌を歌ってみんなを楽しませるアーティスト。でも今回は、この声でみんなに重大な事を伝えたいの」と説明。「アメリカ国民の2/3の人が、心臓病や糖尿病にかかるリスクを背負っている。不健康な食生活と運動不足が、その原因よ」「双子を妊娠中、私は健康面での問題を抱えることになって、ことの重大さを理解したの」「一人でも多くのアメリカ人に、このことを真剣に考えてもらいた。だから、私はジェニーとアメリカ心臓協会と一緒に活動することにしたの」と述べ、単にダイエットに成功して浮かれているわけではないことを強調した。

 2011年度ダイエットの女王のように言われていたマライアだが、ここ最近、気が緩んでしまったのか、はたまたハロウィーン、感謝祭にクリスマスと、ホリデーイベント続きで食べ過ぎてしまったのか、リバウンドしてきたようだと伝えられるように。ディーヴァな妻を持つストレスなのか、それとも双子育児のストレスなのか、ニックまでもが太り始めてきたとゴシップされるようになってきた。クリスマスは、コロラド州アスペンで過ごし、覆面マスク姿のニックをお供に、ショッピングに繰り出す姿がパパラッチされているが、全身黒で決めているものの、リバウンドしているのは間違いないように見受けられる。

 そんな悪口など気に留めることもなく、マライアは27日、Twitterで「みんな、私の最新ジェニー・コマーシャルを見て! 第2弾目のMake It Happen C&Cリミックスよ。”ユー・キャン・メイク・イット.. ゴー!”」とツイート。ジェニー公式サイトへのリンクを貼り、コマーシャル映像を見られるよう誘導した。コマーシャルは、7オクターブの声域を持つマライアが「ユー・キャン・メイク・イット」と繰り返し歌いながら、ジェニーで減量に成功した人たちを紹介するという内容。マライアは、黒の短いチューブトップと左右に深いスリットの入った黒のロングスカートを着用しており、ナイスボディーをくねらせながら歌っている。

 11月に公開されているコマーシャル第1弾目は、マライアがストッキングをビリビリと破りながらボディーパーツを披露していくというもので、全身はあまりよく見えていなかったが、今回公開された最新映像ではばっちりと分かる。激太りしていた頃に比べれば、かなりサイズダウンしているのだが、弱冠むっちりしているように感じられる。

 何とも微妙な印象を受けるコマーシャル映像だが、ネットでは自然体でとてもよいという意見が多く、マライアを褒め称える声がほとんど。モデルだけでなく、女優や歌手も痩せすぎだとを批判する声が高まっているアメリカでは、むっちりこそが理想的体型なのだろう。

 果たしてマライアは、ちょうどよいと言われる今の状態を維持し続けられるのか、また、謎に増えているニックの体重はどこまで増え続けるのか。2012年も2人から目が離せそうにない。

Memoirs of an Imperfect Angel

ミミたんって何やっても面白いからズルイ~

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
マライア・キャリー、赤ん坊の初披露写真の掲載料に「安すぎる!」
痩せて見られるように”腹筋シャドー”まで! 止まらないセレブのバッド・ファッション
マライア・キャリー、付き人の数とワガママが多すぎて反感を買う

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  4. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  13. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  14. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  15. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  16. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  17. 他人の記事をパクるのはこんな人
  18. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. マンガ『ヅャニーさん』34回
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!