今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

長年続くCMの妙味、「沢口靖子のリッツパーティ」に表れる女子会模様

ritz.jpg
ヤマザキナビスコ公式サイトより

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎独身女性の心を打つ?
 パーティシーズンたけなわ。今年も沢口靖子はリッツパーティに大忙しだ。今放送されているCMは、「大人数でワイワイ大騒ぎ」という昔のパターンとは異なり、女性2人と計2人でしっぽり。しかも自分よりかなり若い女性2人とだ。去年もそうだったが、「職場の後輩」っぽかった去年のCMに比べ、今期はさらに若返って、「姪っ子とその友達」という感じだ。ワイワイとパーティをやる仲間がいたのも昔の話。友人皆それぞれ家庭が出来たりして多忙になって。いつしか「彼氏いないんですぅ」「予定ないんですぅ」と慕って来る後輩が集まる女子会に。しかし、彼女たちにも春が来て、結局、見るに見かねた姪が、友達を連れて様子を見に来た。そんなストーリーが読み取れる。読み取ってんのは私だけか。次のリッツパーティではどんな展開を見せてくれるのか。濃縮された独身女性の老い支度! To be continued!!

◎そういえばFNS歌謡祭も
 「最終回、一部LIVE放送!」を謳っていた月9最終回。ドラマを一部生放送にすることで、一体何がどうなるというのだろうか。『カックラキン大放送!!』(日本テレビ系)みたいに全部生ってんなら見ないでもないが。以前見た『プリマダム』(日本テレビ系)の「最終回・バレエ発表会を生中継」ってのもスゴかったなぁ。最後、黒木瞳の挨拶が、ものすごく中途半端なところでブチッと切れてた。『ママさんバレーでつかまえて』(NHK)ってのも最終回生放送。これも黒木瞳主演だ。黒木瞳は生が好きだな。話を今回の月9に戻すと、香里奈・吉高由里子・大島優子のトン吉・チン平・カン太3人が、東京タワーの見える屋台に登場。トン吉の「あ、そうだ。東京タワー見て」の後、きっかけ間違いなども盛り込みながら、最後「せーの!」でフッとイルミネーションが消え、皆で「キャーッ!!!」だと。島耕作芸人か。

◎決勝戦のネタ
 金正日死去当日。野外演説をする野田総理演説の前説の為、蓮舫と一緒に壇上にいた政治家のおっさん(顔知らん。小柄のメガネ)の、一報を聞いての慌てっぷりはすごかった。「え? 来られない? なんで? えーッ!!」と、内輪のやり取りがすべてマイクでダダ漏れ。その後、金正日死去で総理が来られない旨のアナウンスの際、「えー韓国のー……え? 韓国じゃない? あっそうか、えー北朝鮮の金正日・元総理大臣が、え? あ、えーと、主席です。あ、総書記だ、総書記がですね、本日死亡したということで」……すごいなぁ。ほんの数秒の間に、一体どれだけ間違えられるんだろう。芸風がある意味もう「ナイツ」。塙も彼を参考にまたネタ練り直したら、来年こそ『THE MANZAI』優勝間違いなしだろう。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
全米で大人気の由紀さおりが、なぜか日本で盛り上がらないワケ
「今年の変わり羽子板」でもやっぱり中心寄りだった、あの人の顔
カンボジア代表の野球物語に、名乗りをあげるドキュメンタリー番組は……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク