[女性誌速攻レビュー]「Scawaii!」1月号

「てか、脱ぎたかったし」道端アンジェリカのヌードも霞む「Scawaii!」

scawaii1201.jpg
「Scawaii!」(主婦の友社)1月号

 道端三姉妹の末っ子、道端アンジェリカが専属モデルを務める「Scawaii!」(主婦の友社)。90年代半ばの女子高生ブームに多大な影響を与えた「Cawaii!」のお姉さん版として誕生した雑誌なので、正真正銘こちらもギャル誌。「Cawaii!」は2009年に休刊となりましたが、「板垣死すとも自由は死なず」よろしく、その精神は「Scawaii!」に息づいているはず。現在はギャル誌も数多く出ていますが、本家本流、ギャルの礎を作った精神を見せていただきましょう。

<トピックス>
◎冬の着やせ詐欺テク30
◎道端アンジェリカという女。
◎たくらみ女子ゆりあのオシャレ論

■アンジェリカの普通すぎるヌード
 まずは、すでに一部で話題になっている道端アンジェリカのヌード企画をチェックしてみたところ、しょっぱなからパンチの効いた言葉にノックアウトされました。陽光降り注ぐ部屋でガーリーなレースを手にし、美麗な曲線美をアンジェリカが披露しているのに、そのページの真ん中に特大で「てか、ずっと脱ぎたかったんだけどネ(笑)」! もはやヌードになることは珍しくもないのは重々承知していますが、それにしたって「てか」で切り返すこの軽さ。そして新鮮味の一切ないヌード。二度ビックリ。ヌードのカットは表紙を入れて計4点、乳首とアンダーヘアーは未解禁。”若い娘さんの体”以上でも以下でもない、普通の出来栄えでした。楽しみ方としては「道端ジェシカのケツもこんな感じかな~」とセレブな姉のヌードを妄想するのがベストですかね。

 実のところ、ヌードよりアンジェリカの「てか」文法に魅了されてしまったのでキャプションからインタビューまでくまなく目を通してみました。そして見つけた衝撃の口癖。「誠実にピコってるとね、結構ね、ストレスもなくなるし、心地よく生きられる」、「初表紙で超アガったのを覚えてる。ピコピコピコ~って感じだった」「それくらいピコピコしてたんだよねっ」「アンジェをヨロピコ系~」。もうピコピコ言いまくり。グーグルで「ピコる」と検索したけどヒットしないし、もうワカンネ。ただ、ひたすらに軽くて普通なノリだけは伝わりましたよ!

■「ギャルすぎてダサすぎる!?」
 緊急連載「りかちゅうの大人化計画!」に注目です。ティーン誌モデルから「S Cawa」に引き抜かれた19歳の間宮梨花(通称:りかちゅう)のダサい私服センスを矯正しようという内容。ダサさの原因は「ギャルすぎ」る格好にあると指摘され、先輩たちにいじられます。でも、そもそも「S Cawa」だってギャル誌だしそこでギャルすぎと言われても……な感じですが、ダメ出しポイントを見るとなるほど「ギャルすぎ」とはこうなのね、と把握できてくるから、あら便利。

 ネルシャツワンピにムートンブーツのときも、デニムワンピにニットキャップのときも、スケスケニットにショートパンツでも、とにかくヴィトンのバッグを持つりかちゅうに「洋服も(バッグに)見合うもの選ばなきゃ失礼だよ。とりあえずヴィトンに謝ろ!」。キャップにスウェット、ニットショーパン(そしてヴィトンのバッグ)の格好には「カジュアルなものはハズシで使うの。このコーデ、ハズシしかないじゃん!」「パジャマにしか見えないよ」。とにかくスケスケの格好してるときには「露出が下品! 露出は一カ所にしよ。足だけとか肩だけ」。そして最終的には「なんかさぁ、AV女優っぽいんだよね」と言われる始末。落とさないで寝て二日目のメイクについては「まつ毛濃すぎ、ピンクチークも似合ってない」とズバリ。一言でいえば、りかちゅうは典型的なセンター街のギャルで、諸先輩方は109の店員さん的佇まい。地理的には徒歩2分ほどの距離なのに、「センス」という壁が富士山以上に邪魔をする。りかちゅうを「S Cawa」ギャルに育てようというこのお話、これからギャルになろうとする方の参考にもなりそうです。

 このほかには、「ViVi」(講談社)と同じく若槻千夏、加藤ミリヤの連載があったり、ヘアメイクの特集があったりとギャル誌の定番を押さえたラインナップが続きます。今号は目玉企画にアンジェリカのヌードがあったから他誌より目立ったものの、次号からは差別化する強い企画がないと埋もれてしまいそうです。りかちゅうの頑張りどころでしょうか。
(二宮まい)

『Scawaii ! (エス カワイイ) 2012年 01月号』

アンジェよりりかちゅうのが賢そうです

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
ツイッターとファッションブロガーに飛びついた「ViVi」のギャル精神
「眉毛は脱色&半分剃り落とし」が超オシャレ!?  「ViVi」の族的世界観
無敵の加藤ミリヤも「JELLY」には居場所なし! 独自の魅力を放つモデル天下

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  6. 『カウコン』意外な舞台裏
  7. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  8. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  9. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  10. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  14. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  17. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  18. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 嵐・松本に「またAV女優」と幹部激怒!?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー