しいちゃんの芸能解説講座【裏】

おっぱいぷるるん番組に膣トレに……NHKはどうしてこうなった?

udousan.jpg
NHK公式サイトより

編集S NHKの金田新・放送総局長が11月24日の定例記者会見で「反省している」と謝罪したね。Iカップグラビアアイドルの手島優が、料理番組で胸元が大きく開いたエプロン姿で登場したとか。

しいちゃん 11月14日から18日に放送された、Eテレの料理番組『楽ごはん』のことね。「愛がいっぱい”ぷるるん”レシピ」と題して、手島のビキニ映像を放送したり、両手でバストを寄せて強調したりしたの。新山賢治理事は「NHKはお高くとまっていて、とっつきにくいイメージがあったので、目線の低い新しいNHKにしようと思ったのかもしれないが、私の目からみたらこざかしい演出」と制作現場を批判。あたち的にはどーもくんのヌード写真集とかがほしいから、この路線でもいいと思ってるのに!

編集S えええ? どーもくんは常にヌードだと思うよ? でもさ確かに、最近のNHKは「狙い過ぎて、こじらしちゃってるなー」と思うことが多いよね。特に話題になってるのは『あさイチ』。

しいちゃん そうそう。昨年放送して物議をかもした「セックスレス特集」を今年10月19日にも放送。有働由美子アナが、膣トレチェアに座って、「あっ、ああ」と声を上げて話題となったんだよね。番組には、2,000通のFAXやメールが届いたそうよ。「よくぞこのテーマを取り上げてくれた」という応援メッセージもあったけど、大半は「朝から不快」といった批判の声だったとか。11月14日には主婦がハマるという「エア恋愛」を取り上げ、「ご批評、ご批判覚悟の上で臨みます」と、有働アナが韓流バーで”イケメンふたりが有働アナを取り合う”という妄想恋愛劇を披露。

編集S というか、NHKが考えた茶番にみんなが協力しているところがすごいよね! アタシは無視しちゃうもの。みんな、受信料=お祭り参加費と思って、必死に盛り上げているのね~。

しいちゃん 17日には、有働アナが視聴者から寄せられた批判FAXを読みあげてまた騒動に! そのFAXは、「民放のバラエティが面白おかしく取り上げるようなテーマをあさイチで放送する神経が理解できない。もっと公共放送の使命を猛省、強く反省せよ」というもの。でも、暴走傾向は『あさイチ』だけじゃないの。18日には、『特報首都圏』で、「インスタントセックス~さみしさを埋める若者たち~」という企画が放送されたのよ。番組によると、今、若者の間で即座に性行為を行う「インスタントセックス」が横行しているんだって。番組公式Twitter「@nhk_tokuho」では、中の人が「何で自分はセックスしたくなるんだろう…何を求めているんだろう…もっと若い世代の人は? 自分もまだ30歳の若輩者ですがそんなことを悩みながら制作しています」とツイート。

編集S やだ~、そんなツイートで怒られるなら、サイ女のツイートなんて最悪じゃない? 某ジャニヲタ部員の勝手な感想ばっかり! NHKの方がまだ実になってるわよ!

しいちゃん 12月29日には、NHK特別番組『ホットスポット 最後の楽園スペシャル』を放送するんだけど、そこで福山雅治が有働アナと「生命の本質=オスVS. メス?」をテーマに本音トークを繰り広げたそう。福山は「有働さんと一緒じゃなければイヤだと思った。『あさイチ』ファンですから」とコメント。有働アナは、福山のことを「セクシー」と評してたよ。それから、今放送中のドラマ『カレ、夫、男友達』では真木よう子の過激なラブシーンが話題になってる。

編集S ああ、『カレ、夫、マヨネーズ』でおなじみの、マヨネーズぶっかけドラマね! なんだか民放よりも過激になってきて、「こじらせ」症状も末期ね~。

しいちゃん テレビ関係者によると、「NHKは、民放なんかに負けたくないというプライドが高く、視聴率を取りたいという思いがすごく強い」そうよ。視聴率が上がれば、受信料の徴収も値上げも視聴者に納得してもらいやすいしね。だからってエッチ方面に走らなくてもね~。震災や原発関連の報道では「やっぱりNHKが信頼できる」という声も多かったんだから、その長所を伸ばせばいいのに。10月17日の『あさイチ』では、食事に含まれる放射性物質量の数値を間違えて放送して謝罪、12月15日に検証番組を放送予定だってよ。こっち方面をもっとしっかりしてほしいわ。

編集S そうね、われらがイノッチの苦笑い場面が多すぎて、シワが目立つようになってきちゃったからね! でも、もっとこじらせたいなら「ジャニーズの闇」という検証番組を放送してほしいよね! 視聴率90%は期待できそうだもの。エロもグロも全部入っているから、NHK好みのネタのはずよ。頑張れ、NHK!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク