我々も気をつけます

低視聴率と相次ぐミス……『いいとも!』終了はなくとも疑問噴出

kanousimai01.jpg
姐さん方、芸歴長いんですね!

 今月10日、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)の生放送中に高橋真麻アナが突然に謝罪を行うという騒動が発生した。「叶姉妹さんに関する情報は、すべて間違いでした」と番組終了間際に謝罪したのだった。というのも、この日のゲストで登場した叶姉妹の経歴紹介のテロップで「芸歴26年」という情報を流してしまったためだ。

 翌週発売の「週刊ポスト」(小学館)によれば、確かに叶姉妹の芸歴は20年を超えるものだが、そもそもふたりは年齢不祥でミステリアスなイメージをウリにしていることから、この部分は触れてはならない”お約束だった”とのこと。さらに、テレビ業界であれば誰もが理解しているであろう彼女たちの年齢について「事情を知らぬ若手がウィキペディアなんかを見て、芸歴26年というテロップを作ってしまった」と明かされている。

『いいとも』といえば「東京スポーツ」が一面で「3月終了」と断言して以来、業界ではこの真偽についてさまざまな説が交わされている。かつては20%台後半と時間帯トップを独走していた視聴率が、最近では5%台にまで下がってしまい、あれだけ滑り出しの不調が報じられていた『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)に数字で逆転される日まで出てきてしまったほどだ。

 そんな状況の中での叶姉妹の経歴ミスは大きな話題になってしまった。さらに23日の放送でも、またしてもプロフィールに関するミスを犯していたことが分かった。

「カラテカの入江慎也が交流のあるタレントを紹介するコーナーがあるのですが、その中で今年4月に改名した若乃花勝こと花田虎上が、フリップ上で『花田勝』という名前のまま紹介されていました。新聞やバラエティーなどでも改名についてたびたび触れられているし、それこそウィキペディアを見れば分かることなのに……。当然、花田本人に許可も取って放送に望んでいるでしょうから、失礼なミスになってしまいますね」(芸能ライター)

 叶姉妹とは違い、本人は出演していなかったため人名ミスを指摘する者もいないまま放送は終了していたという。

 近年では放送内容についても、疑問視する声が業界内で噴出している。オープニングテーマを歌う「いいとも青年隊」にADスタッフを据えたと思ったら、次クールではまさかのジャニーズJr.の起用。その他のコーナーに関しても「パロディー企画など安直なものが目立つ」(前出ライター)との声があがっている。

 とはいえ、出演すること自体に価値があると言われる『いいとも』。多数のスポンサーや大手芸能プロダクションが大きく関わっていることもあり、簡単に終わることもできないはずだ。そして、本当に終了してしまわないように願う気持ちは、スタッフや出演者だけでなく視聴者とて同じだろう。

『日本タレント名鑑 (2011) [単行本]』

サイ女も他人のこと言えないからサ、これ買うよ

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
不文律を真っ向否定? 『笑っていいとも!』大幅リニューアルに疑問の声
記録更新は? 『笑っていいとも!』に降臨した黒柳徹子の不満
中居正広、いいとも司会抜擢説を否定し「○○くんならできる!」発言

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  4. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  7. “消えたAKB48”河西智美は今
  8. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  9. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  10. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  16. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  17. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  18. 他人の記事をパクるのはこんな人
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!