ファンお手製のお面もcute!

わずか15人が世論を動かした!? 「最もセクシーな男性」を巡るデモが発生

Ryangosling.jpg
ずっと見てると、ケツアゴ・ザキヤマに見えてくるラ
イアン・ゴズリング

 1985年から続く毎年恒例の米「ピープル」誌の特集「最もセクシーな男性」が16日に発表され、ブラッドリー・クーパーが世界一セクシーな男性に輝いた。しかし、ライアン・ゴズリングがタイトルを獲得するものだと信じていたファンは、この結果に大激怒。ライアンこそが世界で最もセクシーだと主張するデモをニューヨークで行った。デモには15人ほどしか集まらず、笑いネタとして報じるメディアも多かったが、主催者は大真面目で「断固闘い続ける」と息巻いている。

 コメディー映画『ハングオーバー』シリーズで人気を集めたブラッドリー・クーパーは、ピープル誌から「最もセクシーな男性」に選ばれたことについて、「信じられない」「自分の外見はまあまあだし」と謙遜。多くの人たちが、母性本能をくすぐるブラッドリーを「最もセクシーな男性」に選んだピープル誌の判断に納得した。しかし、現在日本で公開中の映画『ラブ・アゲイン』でセクシーな大人の魅力を振りまいているライアンのファンは、「ピープル」誌は間違っていると反発。人気ソーシャルコンテンツ・サイト「BuzzFeed.com」のライターであるマット・ストペラが中心となり、「ピープル」誌に対するデモを行うことが企画された。

 彼らは、すぐにFacebookに「ゴズリング・ピープル誌プロテストを支持」と題したページを作成。「17日午後1時から、ニューヨークのピープル誌本社が入るビル前でデモを行う」と参加を呼びかけ、19名ほどが参加表明をした。続けて、「BuzzFeed.com」でデモに参加する際にかぶるライアンのお面のダウンロード画像を掲載。ほかにも、「ライアンがブラッドリーよりもセクシーな科学的根拠」と題した記事を掲載するなど、デモに向けてのテンションを上げていった。

 当日、ニューヨークはあいにくの雨だったが、「ピープル」誌本社が入るビルの前には男女15人ほどがライアンのお面をかぶり集結。「1、2、3、4、ブラッドリー・クーパーにはうんざりだ。5、6、7、8、ライアン・ゴズリングはスーパー・グレート!」というスローガンを繰り返し唱えた。参加者は、ライアンを絶賛する言葉を殴り書いたダンボールや厚紙を掲げ、「ライアンは左腕1本だけで、”この世で最もセクシーな男性”になれるっていうのに!」と息巻いた。

 人数もさほど集まらず、短時間で解散するなど、はっきり言ってしょぼいデモだったが、大手メディアはこれをB級面白ニュース扱いで取り上げた。数ブロック先では、逮捕者が続出している終わりの見えない反格差社会デモが繰り広げられていることもあり、笑いネタになるようなニュースが必要だったのかもしれない。しかし、ライアン支持者は大真面目であり、「ウォール街を占拠せよ」ならぬ、「ピープルを占拠せよ」という運動を行うと発表。「ピープル」誌に対して彼らの選択が間違いだったことを認めさせる嘆願書を作成するとし、社会運動のSNSとして有名な「Change.org」で、賛同者の署名を呼びかけを始めた。

 ちなみに、彼らが「Change.org」に掲載した文は、「『ピープル』誌は、2011年度最もセクシーな男性にブラッドリー・クーパーを選ぶという、とてつもない間違いを犯した。2011年は間違いなくライアン・ゴズリングの年である。誰の目にも明らかなことだ」「我々はピープル誌に対して、ライアンを同紙の表紙に掲載することを断固要求する。みんなで力を合わせれば、間違いを正すことができる!」といった内容だ。5,000人の署名を目指しているが、こちらの方はデモと違って順調で、署名はすでに4,700人を越えており、達成するのは時間の問題だと見られている。

 デモ隊の熱意が本物であることを感じ取ったのか、大手ワシントン・ポスト紙は、「確かに、今年がライアン・ゴズリングの年であることは、明確な事実だ。ライアンは、今年公開された素晴らしい映画3本に出演しており、アカデミー賞の有力候補だと言われている。9月に、ニューヨークの路上で起こったけんかの仲裁をし、そのことが報道されたことに戸惑いを見せていた。全米に向けて放送される人気トーク番組に大型の愛犬を引き連れて、さっそうと登場した。彼は、とにかく好感のもてる男性として、この1年を過ごしてきた」と、ライアン支持者をサポートする記事を掲載した。

 なお、このデモに対して、「ピープル」誌の編集長は、「ブラッドリー・クーパーは、世界一セクシーな男としての要素を兼ね備えているのよ。ゴージャスで才能があるし、頭脳明晰。母親思いで、料理もよくするし、フランス語だって流ちょうなの! 反論できる人なんていないんじゃないかしら」と鼻で笑うようなコメントを発表。絶対に訂正はしないことを表明している。

 「ピープル」誌の判断は覆せないかもしれないが、「ライアンの方がセクシーだ」と支持する声はジワジワと広まっている。Twitterではライアンの方がブラッドリーよりも話題に上がっており、Googleでも、「最もセクシーな男性 ライアン・ゴズリング」の方が、「最もセクシーな男性 ブラッドリー・クーパー」よりも、より多く検索されているなど、ネット上では、ちょっとしたライアン・ブームが巻き起こっているのだ。

 一雑誌の「最もセクシーな男性」タイトルは逃したが、「真の世界一セクシーな男性」はライアンだと認識されつつあり、この勝負はデモ隊が制したのではないかとも囁かれ始めている。

『ジャニヲタ 女のケモノ道』

サイ女的「最もセクシーな男」は永久的にジャニー喜多川なんで、よろしく!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
ウォール街のデモにショーン・レノンが参戦! 歌ったのは予想外のあの曲
モヒカン姿で「私は、絵筆です」とツイートするジム・キャリー、うつ病悪化か?
“被害者”の態度が急変! S・セガールの「子犬殺し」の真相はいかに?

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  11. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  12. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  13. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  16. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  17. キャラ変え好調の乙武洋匡
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 違法ギャンブル逮捕に狩野英孝が冷や汗
  20. 婚約中の浮気も不倫と同じ?

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー