噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第102回】

石田純一仕込みの”お家芸”を見せる長谷川理恵に神田正輝は……?

seven1122.jpg
「女性セブン」12月1日号

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の”欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

第102回(11/18~11/22発売号より)

 実家の近くにある赤城山で放射線を計った。空間線量が0.4マイクロシーベルト近い場所もちらほら。平地にある実家は通常は0.04程なのに雨どい周辺は0.3! 極地的なので除染は可能だろうが、こんな身近にもプチホットスポットが存在する。

1位「長谷川理恵 神田正輝に再婚決意させた『押しかけ転居』」(「女性セブン」12月1日号)
2位「沢田研二 苦難乗り越え『タイガース全員であの武道館に立つんだ』の執念」(「週刊女性」12月6日号)
3位「沢尻エリカ 絶句! 門前払いされていた離婚届」(「女性セブン」12月1日号)
※女性自身は合併号休み


 さすがは石田純一と長ーく付き合っていた長谷川理恵である。何がって? 神田正輝に再婚を決意させたこと? いや、そうではない。マスコミを上手に利用することである。「セブン」では、神田は交際1年で遂に長谷川との再婚を決意したというふたりの知人のコメントを掲載した。再婚の根拠はこの知人コメント、それだけである。

 その傍証として、長谷川理恵の変貌を伝える。いわく、オレ様系で、付き合った男たちには全部自分の我がままを押し通してきたが、神田にはそれが通じないため生まれて初めて「相手に合わせよう」と思った。だから神田の好みに合わせそんなに好きではないステーキもがっつり食べる。自分から結婚を切り出す。それでも神田は自分の都合に合わせてはくれない。だからどんどんめり込み、神田にメロメロになった。そんな長谷川は遂に賭けに出た。それが神田の自宅近くへの引越しだった。これが功を奏したのか、神田が長谷川の気持ちを汲んだ。そして記事は「転居は大成功だったかも」とかなり曖昧に締めくくられる。本当に神田は再婚を決意したのか、怪しいものだ。

 だが、再婚の真偽などは問題ではない。記事が掲載されたことにこそ意義があるのだ。つい1カ月ほど前、ふたりの破局説が「週刊文春」(文藝春秋)で報じられた。なんでも今年の夏にふたりは破局したが、諸事情によりその発表のタイミングをうかがっているというもの。だがその直後、長谷川は自身のブログに神田とのラブラブツーショット写真を掲載し、破局を否定、さらに今回の「セブン」の根拠の甘い再婚記事――。

 破局なの? 再婚なの? ふたりはどうなるの? そんな世間のヤキモキぶりを演出し、私生活で話題につなげる。まるで石田純一のやり口そのまま、エピゴーネンである。私生活しかウリのない芸能人・長谷川理恵の面目躍如なのだ。おそらくこの手法は長谷川が主導したものだろう。何しろ石田からの直伝、帝王学を学んでいるのだから。神田も追随するしかなかった。石原軍団で一流芸能人のイメージはあるが、やはり肩書きは”松田聖子の元夫”で、実際にはそれほどの活躍はない。”石田純一さま直伝”の工作に奔走する長谷川を見守るしかないのだ。神田は本心では嫌だと思う。最近神田の顔色の冴えなさはそれが原因か!? しかも悲しいかな、本家・石田ほどにはマスコミにも取り上げられないといオチまでつくのだ。一流芸能人・神田正輝、石田に敗北か? ピンチ! である。

 そういえば先日、神田は東尾理子と一緒にチャリティー・ゴルフにご出席なさっていた。チャリティー・ゴルフといえば、これまた石田純一のお家芸。これも長谷川の指令だったりして。

 上記カップルとは事情を異にするが、岸部シローもまた、私生活が時折話題になる芸能人である。私生活、いや”不幸”しかウリがないが、その不幸をマスコミは好む。マスコミの方が放っておかない。ということで今回も本来「タイガースの再結成」に関する記事であるのだが、読み終わると岸部シローが全て美味しいところを持っていってしまった感がぬぐえない。

 指摘されないと忘れがちだが、シローは伝説のバンド「ザ・タイガース」の一員だった。沢田研二(ジュリー)率いる人気”アイドル”グループだ。記事の概要は、今年の沢田コンサートツアーには、元タイガースの岸部一徳、森本太郎、瞳のぼるがゲスト出演したが、シローと加橋かつみの姿はなかった。加橋はさまざまな確執もあるが、シロー不在は体調不良が原因である。だがジュリーは来年1月のステージにこのふたりを呼ぶことに執念を燃やし「車イスでもいいから」とシローの出演を願っているという。そこで「週女」は加橋とシロー双方に直撃しているのだが、トリを務めるは当然シローである。

「(コンサートには)こんな状態じゃ、出られるワケないよ」
「(調子は)悪いよ。頭のほうがおかしいんだよ」

 さすが”不幸のデパート”岸部シロー。これだけのコメントの中に、不幸が凝縮されている。しかも毎度毎度笑えるコメント、お見事!! かつてシローは「立っているだけでいいという仕事があれば……だから楽な仕事を」と切望していた。ジュリーの心温まる友情に応え、車椅子でファンの前に登場してくれることを切に願いたい。

 めっきり出番と話題の少なくなった沢尻エリカ。もう離婚しようが、復縁しようが勝手にしてくれ! エリカが離婚届を役所に持って行ったが、高城剛が離婚届不受理申出をしているので門前払い? どうでもいい。だが、注目すべき記述が記事の末尾にあった。なんでも兄夫婦のマンションに居候するエリカが兄のための買ったもの。それは1ダースの発泡酒だったということ。いよいよお金に困ったか? それとも今後のための節約? エリカは意外に堅実? なんとも興味深い一文であった。

石田純一 お金のくどき方

純一は無生物でも口説ける!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
「長谷川理恵は石田純一を見習え!」PR会見が2回続けて怒号の嵐に
壱成と親子競演! 石田純一が見せた「照れ」と「面白プレイボーイ」
「で、キミどこの記者?」マスコミ関係者が明かす、好感度の高い芸能人

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク