[ジャニーズ・メディアの裏側]

ジャニーズのリーク!? V6・坂本昌行の交際報道に隠された事務所の意図

sakamotomasayuki.jpg
「どもども、中澤とは別れてるんで、
よろしく願いますよ~」

 V6・坂本昌行と女優・大塚千弘の交際が、複数スポーツ紙の報道で明らかになった。今年1~3月の共演で急接近した両者は同春頃より交際をスタート、「日刊スポーツ」によればすでにお互いの両親にも挨拶済みという。

 ジャニーズ事務所も「プライベートなことなので、本人に任せています。ただ、結婚などの報告は受けていません」と交際を否定しなかった。まだ交際開始から数カ月ということもあってどう展開するかは不明だが、実は業界内では「肩透かし」という声が漏れ伝わってきている。

「報道当日は新聞休刊日(新聞の発行が行われない日。コンビニや駅などでは特別版が販売される)で、特に芸能のスクープ記事が出る可能性が高い日だったんです。数日前から『次の休刊日は特大ネタが掲載されるようだ』というウワサが飛び交っていたのですが、フタを開けてみれば坂本と大塚の交際。意外といえば意外ですが……」(週刊誌記者)

 坂本といえば元は中澤裕子と約9年にも渡り交際していたが、先日発売の「フライデー」(講談社)で中澤に新恋人ができたことが明らかになった。大塚にしても見出しに「T.M.R西川貴教の元恋人」と書かれる程度の知名度で一般的には注目度は高くない。にもかかわらず事前に「特大ネタ」という情報が漏れていたことについて、一説には「ジャニーズサイドのリークでは」という声もあがっている。

「記事を掲載した3紙を見比べると、内容はほぼ同じ。交際がスタートした時期や結婚の可能性などに微妙な差はあるものの、情報源は同一と考えていいでしょう。公演がすでに終了していることから、作品を盛り上げるためのネタとも考えづらいし、要は坂本のイメージ調整のためのネタだったのでは」(ワイドショーデスク)

 こうした事務所主導のネタリークには数パターンあり、例えば一部週刊誌の強行取材に耐えかねた事務所サイドが、懇意のメディアに情報を流すケースがあるという。そして今回の坂本のケースでは、長年交際相手だった中澤と「本当に終わっている」ことを強調したかったためでは、と考えられるそう。

「坂本と中澤は『公式に破局した』という報道は一切ありません。昨年12月に一部女性誌で破局報道はあったし、先日の『フライデー』でも坂本はすでに過去の交際相手となっていた。しかし、まだまだ世間一般的には『坂本=中澤』の図式は崩れていないことから、大きく報じてもらうことで調整を行ったのでしょう」(前出デスク)

 中澤との交際当時、アイドル同士の交際に両事務所とも難色を示していたという。特に中澤の事務所幹部は怒り心頭で、親しい記者の前で「あんな野郎とは、さっさと別れればいいんだよ!」とくだを巻くこともあったそう。しかし坂本の今回のお相手は事務所のしがらみも少ない正統派女優。また、自身の年齢のことを考えれば悪印象にもならない……はずだが、中にはこんな声も。

「大塚さんの”共演者食い”はミュージカル界では有名です。過去の作品にも”前カレ”がたくさんいるはずですよ。まったくドロドロしていない肉食系女子で、みんなから好かれてはいるんですが」(舞台共演者)

 少々不穏な気配もしなくはないが、すでに「お友達のひとり」では片付けられなくなっている両者。40歳という坂本の年齢を考えれば、当然結婚も視野に入れた交際もウェルカムであるはず。あっさりと破局してしまわないことを祈るばかりだ。

『20th Century LIVE TOUR 2008 オレじゃなきゃ、キミじゃなきゃ【初回生産限定】』

あれ、そういえば博の色恋沙汰きかないね

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
40歳のV6坂本昌行、「だって田中聖が怖いんだもん」と動揺しまくり
ジャニーズに「結婚禁止」の掟はない!? 事務所が突き付ける”条件”とは?
V6解散報道との関係は? 坂本昌行と中澤裕子の結婚報道の真偽

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク