アイドル運営も利権ですね

「利権代と利益が割りに合わない」! 吉本がNMB48の買い手を募集中?

nmb48ohmygod.jpg
「オーマイガー!」/laugh out loud records

 先月19日に発売された2ndシングル「オーマイガー!」が初週26.5万枚を売り上げ、デビューから2曲連続で首位を獲得、新人女性初の2作連続初週20万枚越えするなど破竹の活躍をみせるNMB48。AKB48の全国展開のひとつとして大阪・難波を拠点とする彼女たちだが、順調に見えるその活動に早くも暗雲が立ち込めているという。

「NMB48を運営する吉本興業が、『利権代と利益が割りに合わない』と頭を抱えているんですよ。NMB48の利権として吉本が秋元康・AKS(AKB48らの運営会社)らに支払った額は数十億円と言われているんですが、実際吉本がNMB48で得ている金額はその1~2割程度。AKBブームもいつまで続くか分からないため、売れるうちにNMB48の利権をどこかに売ってしまいたい、と買い手を探している状況なんだそうです」(吉本関係者)

 NMB48に限らず、”48グループ”は世間が思っているほど儲からないシステムなのだという。メンバーが多いため、仕事の際に発生する移動費や宿泊費に加え、衣装代などで莫大な経費がかかる。また、若いファンの獲得目的のため、公演代やグッズ代などは「上限はいくらまで」と秋元側の指示があるため、値上げすることもできず公演での儲けは微々たるもの。それに加え、グッズやCDの売上の一部は秋元らに納めるシステムになっているため、売上の割りにはこちらの収入も芳しくないのだとか。

「SDN48が事実上の解散を発表しましたが、それもGREEがスポンサーから撤退したのが最大の理由。何十万枚とCDを売り上げても人件費や経費を考えたら、CDの売上では48グループは儲からないんです。CMやグッズ収入が頼みの綱ですが、昨今のアイドルグループ乱立によりその収入も思ったより入ってこない。今月1日から、SKE48が京楽産業の子会社が運営する『ピタゴラス・プロモーション』からAKSへ移籍することが発表されましたが、それも京楽がいつでもスポンサーから撤退できるようにと利権をAKSに渡したのでは……と業界で話題です」(レコード会社関係者)

 大手パチンコメーカー・京楽は、これまでも48グループのCDを系列ホールに大量に仕入れるなど、売上に大きく貢献してきた。それだけにスポンサーから撤退するとなれば、SKE48に限らず48グループの売上低下は免れないだろう。一見好調に見える48グループも内情はかなり厳しい状況のようだ。数年後まで残っているグループは果たして何組いるのだろうか。

『【アマゾン限定絵柄生写真Cパターン付き】オーマイガー!(Type-C)』

「玉出」と相性良いと思うよ!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
AKB48が天敵・週刊文春と手打ち!? それぞれが企む腹の中
大阪版AKB発足に、吉本芸人から不満続出!
値引きは当たり前……営業、ライブが飛び死活問題の若手芸人たち

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  10. ムショ飯はうまいのか?
  11. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  14. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー