芸能記者Xのアブナイ話

後藤真希、引退バブルで大忙し! ドンキでのCD手売りイベントに潜入

gomakidonnki.jpg
握手もなく、たった2秒の「CDお渡し会」だったという

 12月4日のライブ出演を最後に芸能活動を休止する元モーニング娘。の後藤真希。今月6日には都内「ドン・キホーテ中目黒本店」にて「『愛言葉(VOICE)』リリース記念 ”ドンキ応援ありがとう!感謝のゴマキレジツアー」を行い、別れを惜しむ多くのファンが殺到した。

 1999年、モーニング娘。の3期生として13歳でグループに加入した後藤。2002年9月の卒業までグループのエース的存在として活躍したが、ソロ転向後は次第に活動の機会も減っていたようだった。さらに弟で元EE JUMP・ユウキの強盗傷害容疑での逮捕を受け「ハロー! プロジェクト」を卒業し、一時は活動停止の状況に。

 08年6月にエイベックス・エンタテインメントに事務所を移籍して再始動するも、目立った活動は見られず。そんな中、昨年1月には最愛の母・時子さんが自宅で転落死するという不幸に見舞われた。大きな心の支えを失った後藤は、休業してもう一度自分の人生を見つめ直したいと決意したようだ。

 しかし、これまで不発続きだった活動が信じられないほど、活動休止発表後の後藤は絶好調だ。「綾小路翔<愛愛傘>後藤真希」としてデュエット曲『Non stop love 夜露死苦!!』をリリースし、 ファッションブランド「rienda」のランジェリーモデルにも挑戦している。

「後藤が『ドリームモーニング娘。』のコンサートにサプライズ出演したのは異例で、これも”引退バブル”のおかげでしょう。エイベックスはこのバブルを使って、ここぞとばかりに稼がせるつもりでは」(週刊誌記者)

 今回の「ドンキレジツアー」は全国5都市の店舗を訪店し、後藤自らがCDを手渡すという一風変わった企画だ。実は以前にもドンキで握手会などを行なっており、ファンにとってはドンキでの後藤のイベントはお馴染みのようだ。

 中目黒店は「レジツアー」最終日とあって、後藤の写真が入った携帯ストラップをつけているファンや、待ち時間にポータブルDVDで後藤のライブ映像を見る者など、熱心なファンで大盛況だったとか。

「イベントは店舗前に特設されたスペースで行われ、後藤さんがお客さんにCDを手渡すんです。『ありがとうございます』と優しい笑顔で応じてくれた姿が目に焼き付いています」(参加したファン)

 後藤の姿はパーテーションで覆われていたため一般の人は見られない構造になっていたが、後藤が中にいることを知ったギャラリーで店舗前は騒然となっていたという。

「事前にレジツアー参加者は写真撮影OKと情報が流れていましたが、実際に撮影できるのはたった数秒でした。握手もNGで、話しかける余裕もなくスタッフによって強制的に次々に流されたのが虚しかったです。でも後藤さんを目の前で見れるのは最後かもしれないと思うと感激でしたね」(前出同ファン)

 活動休止となれば、これだけ多くのファンや話題を集める後藤。また戻って来ることを願うファンのためにも、しっかりと休養して帰ってきてほしい。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク