[TVツッコミ道場]

朝ドラの”お約束”を無視する『カーネーション』、リアリティーのある脚本が面白い

朝ドラの”お約束”を無視する『カーネーション』、リアリティーのある脚本が面白い

 今回ツッコませていただくのは、10月3日から放送されているNHK朝の連続テレビ小説『カーネーション』。コシノヒロコ・ジュンコ・ミチコという、コシノ3姉妹を育てあげた母の実話に基づくフィクションで、脚本を務めているのは、映画『ジョゼと虎と魚たち』や『天然コケッコー』、文化庁芸術祭大賞を受賞したNHK広島の単発ドラマ『火の魚』などを手掛けた渡辺あや。丁寧な脚本には定評があるが、連続ドラマ経験がない人だけに朝ドラという"長丁場"を不安視する声があったが......。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

朝ドラの”お約束”を無視する『カーネーション』、リアリティーのある脚本が面白いのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! NHKTVツッコミ道場のニュースならサイゾーウーマンへ!