• カタカナが書けない”永遠のピーターパン”! 横山裕(関ジャニ∞)
その他
「ジョニーの小部屋」第46回

カタカナが書けない”永遠のピーターパン”! 横山裕(関ジャニ∞)

泣く子も黙る芸能界のドンであるジョニーさん(79)に、大好きな男のコのコト、いろいろ聞いちゃえ!!

1111_torikago.jpg

[今月のジャニタレさん]
横山 裕(30)

1981年5月9日、大阪府生まれ。A型。関ジャニ∞のメンバー。色白の美しい面持ちながらお笑いタレント顔負けのトーク力を誇るも、普段は口数が少なく、極度の人見知り。上方噺家の月亭八光と親交が深い。

──今回は、冠番組がゴールデンへ進出し、5大ドームツアーが決定するなど怒濤の活躍を見せる関ジャニ∞から、横山くんをお願いします。実は横山くん、現存のJタレントでは唯一、芸名で活動している珍しい存在なんですよね。



ジョニー 本名は侯隆っていうんだけど、難しすぎて読めなくない? 「だったら名前変えちゃえ!」って。

──ジョニーさんの口グセ(?)でもある「YOU」に由来する名前とのことですが、本人がこの名を知ったのはテレビ番組のテロップで、だったとか……。

ジョニー まぁ、テレビ見ればわかるしイイかなーって♪ ほかにも、外国人みたいな顔だから「ヘンリー」とか、上カルビ好きだから「ジョー」とか、良い候補はいっぱいあったんだけど。

──……でもそうやって目をかけてたということは、オキニのひとりだったってことですよね?

ジョニー そう。オーディションでもひときわ目立つ美少年だったしネ。みんながダンスを踊る中で真っ白い顔して座ってたから、「YOU、体調悪いの?」って思わず声かけちゃったくらい、はかない雰囲気を漂わせてたんだヨ!

──そのとき横山くんは「オレ受かった! ジョニーさんに目つけられた!」って、心の中でガッツポーズしてたそうです。 

ジョニー いま思えば、踊るのが面倒臭くてボーッとしてただけなんだろうネ。

──いまや芸人並みのトーク術に定評のある横山くんですが、Jr.時代はしゃべらなかったとか。

ジョニー そうそう。あんまりにもつまらないからサ、「YOU、関西人なのになんで面白くないの?」 って、こっちがつっこんじゃったくらいだヨ。

──本人も、それで「まずい!」と一念発起してトーク術を磨いたそうです。

→「プレミアサイゾー」で続きを読む

■プレミアサイゾーとは?
一般誌では読めないジャニーズの裏側がばっちりわかる!!
雑誌サイゾーのほぼ全記事が、月額525円で読み放題!(バックナンバー含む)

【「ジョニーの小部屋」も好評連載中!】
「ジョニーの小部屋」

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  2. 「オワコン女優」認定の3人は?
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  7. 江角と対照的、広田レオナの不倫報道
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  10. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  11. “消えたAKB48”河西智美は今
  12. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  13. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  14. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  17. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  18. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. 江角マキコのバックに超有能弁護士

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ