石川敏男の芸能デスクレポート

いしのようこが結婚する!? マスコミに流れた怪情報の真相

iwasakiyosimi.jpg
「あなた色のマノン」(MG2/メルシ
・ボク レーベル)

 テレビアニメ『タッチ』(フジテレビ系)の主題歌を歌った歌手で女優の岩崎良美(50)が、10月中旬に結婚していたことを明らかにした。「私ごとでございますが、10月吉日、私、岩崎良美は、都内の大学病院に勤務する医師と入籍をし、新たな人生の第一歩を踏み出しましたことを、ここにご報告いたします」と、自身のブログで報告した。お相手は53歳の医師。今年の5月に友人の紹介で知り合い、交際に発展したと言う。11月5日、東京・六本木のライブレストラSTB139で結婚会見を開く。

 11月15日には歌手・小林幸子(57)が5年以上の付き合いがあった8歳年下の再生医療会社社長の林明男さん(49)と婚姻届を提出し、当日そのままNHK『歌謡コンサート』出演前に会見を開く予定だ。夏木マリ(59)、坂口良子(56)、仁科明子(58)、大場久美子(51)など熟年結婚・婚約が続く芸能界だが、岩崎の結婚報道で、巻き込まれてしまったタレントもいた。いしのようこ(43)だ。

 10月22日、レコード会社関係者らと食事をしていた。その中の一人が「11月5日に有名人が結婚会見を開くんですよ。そのお姉さんも超有名人だから、石川さんたちの取材対象ですよ。来て下さいね」と話しだした。「50歳前後の芸能人です。もちろん初婚。それ以外のことは言えませんよ」なんて言うが、姉妹で芸能人といったらそう数がいない。まして双方が有名人ならもっと絞れる。さすがに叶姉妹ではないだろうから、「じゃ、岩崎良美だ」とひらめいた。だが、彼は即座に「違いますよ」と、返した。

 「それじゃ、いしのようこしかいないよ」と言ったところで「やめましょう。言えませんよ」との返事。その場にいた彼を除く3人は、いしのようこで決まったと思ってまった。そして、このニュースが、芸能マスコミに流れることになる。流した一人は私だが、もう一人いた。私がネタを流した某週刊誌記者が、いしのようこを直撃取材した。

 いしのは大昔、志村けん(61)とうわさになったことがあったが、それ以外の熱愛は聞いたことがない。もちろん初婚だ。彼女は直撃された記者に「何で私の名前が出るんですかね。昨日も同じ質問をされました」と、驚いていたという。いしのは「3年ぐらいお付き合いしている人はいるんですけど、特別に結婚の話は出ていませんし。彼が、プロポーズしてくれたら……」と答えたという。そのいしのは、まだ43歳。「50歳前後」というキーワードには当てはまらなかった。いしのの交際は偶然にもキャッチできたが……。でも、よくよく考えたら岩崎しかいないんだよね。なかなか岩崎にたどり着けず、お粗末でした。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. キムタクは「がんばっちゃう男」である

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー