[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

櫻井翔主演ドラマが好調スタート! しかし「召使いか下僕にしか見えない」?

sakuraihetare.jpg
キャスターに執事にアイドルに仕事
抱えすぎ!

 嵐・櫻井翔と北川景子がダブル主演を務めるドラマ『謎解きはディナーのあとで』(フジテレビ系・火曜午後9時~)が初回視聴率18.1%(ビデオリサーチ調べ/関東地区、以下同)を記録。今年度のフジ系連続ドラマでは最高視聴率をゲットしたことが分かった。

 同ドラマは本屋大賞を受賞し、160万部のベストセラーとなった同名ミステリーが原作。”大富豪のお嬢様”刑事と彼女に仕える執事が、次々と事件の謎を解いていくというストーリーで、櫻井扮する影山執事の「お嬢様はアホでいらっしゃいますか?」といった毒舌も話題になっていた。コンビとなる櫻井、北川は初共演であり、今回は原作とキャストへの期待値がそのまま高視聴率につながった格好だ。

 この好スタートについては、櫻井も「大ヒット原作のお力をお借りしながら、たくさんの方にドラマ『謎解きはディナーのあとで』をご覧いただいたこと、大変うれしく思います」と喜びのコメント。2話以降へと大きく弾みをつけた形なのだが、「残念ながら、次回でかなり視聴率が下がるんじゃないでしょうか」と話すのはテレビウォッチャーのひとり。

「主演ふたりの演技については予想していたのですが、演出と脚本も結構ひどかったですね。謎解き部分がかなり雑で、『白いハイヒールを履く女性はプライドが高いはず』なんて根拠で推理が進んでいったりする。アメコミ風の演出も中途半端ですね。放映前に話題になってたのは櫻井の執事姿と毒舌のみなので、原作を知らずに本格ミステリを期待した人は早々に脱落するんじゃないでしょうか。ただ、目を離しても筋が追える単純なストーリーなので、ながら見には適しているかもしれません。次回以降の視聴者は櫻井の執事姿と北川のお嬢様ファッションを楽しみにするファンぐらいじゃないでしょうか」

 実際ネットでは「推理ものっていうから期待したのに」「始まって15分でチャンネル変えた」「櫻井じゃ器不足。執事じゃなくて召使いか下僕にしか見えない」など期待はずれを嘆く声が続出。早くも第2話の数字が気になってしまうのだが、さて結果は?

『ARASHI 桜井翔 エピソードプラス -The Pinnacle-』

配役を男女逆にしたら超ハマるんじゃん?

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
夏ドラマの視聴率番長は錦戸亮! ジャニタレ出演作を総ざらい
櫻井翔が堀北真希とお忍びデート!? あの大物俳優も同席で熱い一夜
“飛ぶ鳥を落とす勢い”の櫻井翔主演でも、救えないドラマ視聴率

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  11. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  12. 新春ジャニオタ放談
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー