年の瀬の一大芸能レース

「消去法でいくと西野カナ」日本レコード大賞が早くも内定した裏事情

nishinokana.jpg
「たとえ どんなに…」/SE

 年末の風物詩のひとつである『輝く!日本レコード大賞』(TBS系)だが、年々ヒット曲や大きくブレイクするアーティストが減少していく中で選定は困難を極めているようだ。昨年までは「EXILE」が3年連続で大賞を受賞しているが、さすがに4連覇は想定されていないという。

「レコ大は、放送終了と同時に翌年の受賞者についてある程度は決定していると言われています。バーニングプロダクションの”芸能界のドン”を中心に選定が行われていることはいろいろなメディアで報じられていますが、近年はかつてのように身内への分配や調整が上手くいかないのが現状のようです」(音楽業界関係者)

 世間一般で本命視されるのは、本年度リリースしたCDがすべてミリオン突破のAKB48。ヒットチャートの実績を見ても、上位はほぼAKB48とジャニーズの独占状態だ。しかしAKBの大賞受賞はドンが”NG指定”をしており、ジャニーズに関しても「賞レースには参加しない」という方針があるため、どちらも大賞受賞はないものとみられる。

「ジャニーズは昨年、20年振りとなるレコ大出場で近藤真彦が『最優秀歌唱賞』を受賞しました。今年は新人賞をKis-My-Ft2が受賞する可能性があるものの、大賞は辞退することでしょう」(スポーツ紙記者)

 他の候補に浜崎あゆみの名もあったそうだが、先日の「Mステドタキャン事件」の波紋で流れてしまったという。また今年のヒット曲といえば芦田愛菜と鈴木福の「マル・マル・モリ・モリ!」が思い浮かぶが、こちらに関しても「他局ドラマのエンディングテーマ」ということで大賞には相応しくない。

「毎年秋頃になると、音事協やTBS幹部、レコード会社幹部たちで『ゴルフ大会』が行われると言われています。当然ゴルフは集まる口実で、その打ち上げの席でレコ大の各賞受賞者について打ち合わせを行うそうです」(代理店幹部)

 ドンを中心に、司会者の事務所社長、音楽業界のフィクサー、その他レコード会社幹部と錚々たる顔ぶれで行われるという。そして先日、その”ゴルフ大会”が今年も無事終了したそうだ。年々と受賞者を調整するのが難しくなるなか、2011年度の大賞は西野カナに内定したという。

「どう考えても消去法ですね。ヒットソングを出したアーティストたちはさまざまな理由で大賞は不適合。となると、バーニング系でそこそこ知名度があり、まずまずのセールスを記録したアーティストとなれば、もう西野しかいない。しかし幅広い世代が知るヒット曲のない西野だけに『せめてトイレの神様が今年だったらね』とこぼす関係者もいました」(前出代理店幹部)

 今年度は例年にない厳しい選考になってしまったようだ。『NHK紅白歌合戦』は、「暴力団排除条例」施行で出場歌手選定に苦心しているというが、レコ大も舞台裏では苦しい事情があったようだ。

『たとえ どんなに・・・』

棚ボタ受賞

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
ウワサのカップルAKB48・板野友美とEXILE・TAKAHIROが堂々共演
バーニングの元顧問が出廷! 周防社長の黒い交際を証言したものの……
ジャニタレの移籍を巡る、バーニングの暗躍をつづった『ジャニーズ帝国崩壊』



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「消去法でいくと西野カナ」日本レコード大賞が早くも内定した裏事情のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! EXILE芸能ウラ情報西野カナのニュースならサイゾーウーマンへ!