その他
【ジャニーズ研究会レポート】

SMAP・木村拓哉主演の『南極大陸』、初回22.2%という数字を読み解く

jkimura04.JPG

【ジャニーズ研究会より】

 SMAP・木村拓哉主演のドラマ『南極大陸』が10月16日に初回を迎え、平均視聴率が22.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことが分かりました。これを受けて、木村も『南極大陸』公式HPでは、

「沢山の方が作品を受け取ってくれた事、そして、自分でも早く次回が観たいと思える作品になった事が本当に嬉しくて、スタッフや共演者の方々に改めて感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます!」

 と、コメントを発表しています。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク