紅白への影響も多大

松方弘樹、TUBE前田亘輝…… 実名続々の”黒い交際”、芸能界の今後は

tube.jpg
「TUBEST」(ソニーレコード)

 芸能界を震撼させた島田紳助の突然の引退から約2カ月が経とうとしている。「暴力団と親密な交際が認められた」ことが要因となった今回の引退は、東京都でも10月から施行された「暴力団排除条例」が大きくクローズアップされる形となった。週刊誌等のメディアは紳助の引退以降、連日のように「芸能界と暴力団」の関係について報じている。

 その代表格と言っていいのが、紳助を弟のように可愛がっていたという歌手・和田アキ子だ。和田は「週刊文春」(文藝春秋)により、紳助や暴力団幹部と紳助の仲介した元ボクシング世界王者・渡辺二郎らとの賭け麻雀疑惑を報じられ、事務所関係者がピリピリしているという話も聞こえてくる。

 また同誌では、フジテレビ編成幹部が内部に向けて数多くのヤクザ映画に出演している俳優・松方弘樹の「使用禁止令」を出したとも報じている。新規のキャスティングの他、出演番組の再放送などはオンエアー前に要報告、他のタレントがトークのネタにすることもNGという徹底ぶりだ。

 そして「週刊現代」(講談社)が、「TUBE」のボーカル・前田亘輝の交友関係に警視庁が注目していると報じ衝撃が走っている。前田の所属事務所は「暴力団関係者との関係は一切ない」と否定してるが事態がどう動くのか見えない状態だ。「亀田三兄弟」の父・亀田史郎氏に関しても、事務や興行について暴力団に協力をしてもらっていたという報道が相次いでいる。

 過去には北島三郎や山本譲二など、演歌界の大御所が暴力団関係者の宴席に出席していたことが明らかとなっている。地方公演などの興行を仕切ってきた暴力団と演歌界は切っても切れない関係と言われており、今年の『NHK紅白歌合戦』は「大物演歌歌手がこぞって消える」との見方が定着している。同局の松本正之会長は、暴力団と関わりがある歌手の出場をさせないためにも番組の”クリーン化”を宣言している。

 そんな中、暴力団と深い関わりがあるとされていた俳優・中野英雄は「週刊実話」(日本ジャーナル出版)の取材に対し「交際が許されないというのであれば従うだけ」と、暴力団との絶縁を宣言し、大きな波紋を広げている。

 中野のように自ら絶縁を告白することが最善手になるのかは分からないが、今後は言動ひとつにも注意が必要になることは必至だ。近くにも条例施行の見せしめにより逮捕されるというタレント”X”の名前も浮上する中、関係者たちは対応に追われている現状だ。

『愛という名のもとに DVD-BOX 』

チョロ! そんなダークサイダーだったの?

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
JYJコンサートの広告掲載を新聞社が拒否! その不透明な理由
旧知の記者に「この裏切り者!」市川猿之助を取り込んだA子さんの存在
薬物逮捕の中村雅俊長男・俊太、ゴルフスクールの講師になっていた

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  5. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  14. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  15. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  16. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  17. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  18. GENKING、元カレ質問で大失態
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. テレビとギャップありなジャニーズ

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  4. テレビとギャップありなジャニーズ
  5. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー