今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

ただ座っているだけの冨永愛、バラエティーで人気の謎

tominagaai.jpg
「かっこいいクチュールリメーク」
(文化出版局)

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎茶の間代表
 最近、突然ゴールデンタイムのバラエティー番組に出だした冨永愛。面白いことを言うでもなく、ぶっちゃけ話をするもなく、変わったキャラクターぶりを発揮するでもなく、流行りの「ママタレント」を主張するでもなく。唯一の長所であるスタイルの良さも、座ってるんで全然分からず。顔は地味だし。無論つまんないので、ほとんどカメラに抜かれることはなし。置物のようにただそこにいるだけ。でも出番は多い。不思議だ。クソ面白くもないのにテレビに出てるタレントはいっぱいいるので、とりたてて富永愛が「面白くないのによく見る」という点に興味はないのだが、なぜ今、バラエティーに富永愛なのか、その唐突さには興味がある。誰か私に教えて。目の覚めるような正解を。


◎自己顕示欲の塊
 「今流行りのノンアルコールカクテル」という、『とくダネ!』(フジテレビ系)内の特集。スタジオのみんなで試飲してみましょう、というコーナーで、ノンアルコールのワインを試した小倉智昭。飲んでひと言「これジュースだ」。
あーあ、やっちまった。スポンサーのこと考えたら、美味しくなかろうがジュース味だろうが、たとえうんんこの味がしたとしても、とりあえず「わぁ、本物のワインと変わんないねぇ!」って盛るのがテレビ出演者としての作法だろうに。こんなモン旨いつったらオレ様の沽券にかかわるってことなのか、テレビ番組司会者の立場より、「通」として見られることを優先するこの視野狭窄ぶり。……いよいよ番組終了も近いな。

◎澤にとっての正解は?
 『猿の惑星~創世記(レジェンド)~』のPRCMに出演中の澤穂希。主人公の猿のリーダーと自分を重ねて「共感しました」と語り、「マイ・ベスト・ムービーです」と宣言する澤の姿は、何かこう、ちょっとたまらんもんがある。「人気者」「立派」「しっかりしてる」という「ひとかどの人物」としての澤と、それを踏まえた上で、何かこうちょっとクスクス笑いを喚起させる、「裏・澤」。この相反する二つの澤の顔への視線を束ねて、どちらも満足させてくれる。澤の出てるCMって、どれもダブルミーニングな感じで味だ。ちゃんとしてるのは充分認めるが、見ると抱いてはいけない感情がムズムズうごめく。澤に対して、多くの人が抱いているであろうこの感覚。今後も皆さんと共有していきたい。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
「ボラギノール」のCMが手放してしまった大いなる遺産
チュートリアル福田の自転車騒動、どうしても頭によぎるのはあの言葉
話せば話すほどげんなりしてくる、石坂浩二ブランドの”自家発電”ぶり

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク