巨大利権がここにも!

『ザ・シンプソンズ』が終了? 声優のギャラをめぐって、FOXが声明を出す

simpsons.jpg
『ザ・シンプソンズ シーズン 1
DVD コレクターズBOX』(20世紀
フォックス・ホーム・エンターテ
イメント・ジャパン)

 アメリカで絶大な人気を集める、大人向けアニメ『ザ・シンプソンズ』。アメリカの田舎に住む一般的な中層階級のシンプソンズ一家が繰り広げる、非日常的な日常を、時事ネタを取り入れながらブラックユーモアたっぷりに描いた風刺アニメとして多くの人に愛され、1989年の放送開始以来、22年間安定した視聴率を獲得し続けている。そんな国民的人気アニメが、放送終了の危機に面していることが明らかになった。理由は、声優たちのギャラが高騰し過ぎたからだという。

 番組を制作する20世紀フォックスTVスタジオは、4日、「シーズン23に突入した『ザ・シンプソンズ』は、いまだかつてないほど創造性に満ち溢れており、そして世界中の何百万人ものファンから愛されている。我々は、この素晴らしい作品が、これからも続くだろうと信じているが、今現在の財務モデルでは、これ以上の製作するのは不可能だ。声優たちとの交渉が成立し、これからもずっと番組が続くことを、切に願っている」との声明を発表。

 全22話で構成されるワンシーズンごとに、一人平均800万ドル(約6億1,000万円)という膨大なギャラを受け取っている声優たちに対して、45%の報酬カットを要求していると報じられた。

 『ザ・シンプソンズ』で活躍する主要声優は6人いる。シンプソンズ家の長男バート・シンプソンやラルフ・ウィーガムなど多くの子どもたちの声はナンシー・カートライトが担当。一家の主・ホーマーやピエロのクラスティなど大半の成人男性キャラクターの声をダン・カステラネタが、マージやパティなどの声はジュリー・カブナーが、長女リサをイヤードリー・スミスが担当。その他大勢の声を担当しているのは、ハンク・アザリアとハリー・シェアラーで、ハンクはウィーガム署長など、ハリーはバーンズ社長などを担当している。

 6人は1998年まで1話につき3万ドル(約230万円)の報酬を受け取っていた。しかし、いつまでたってもギャラをアップしてくれない放送局のFOXにしびれを切らし、98年、「我々の仕事ぶりを、もっと評価して欲しい」「俳優や女優と比べて、声優のギャラは低すぎる。ここまでの人気番組なのに」と、報酬アップを要求。しかし、FOXは「不服なら辞めていただいて結構。似たような声質の役者を探すから」と跳ね除け、実際に新しい声優を採用する方向で動き出した。番組クリエーターのマット・グレイニングはこの状況に心を痛め、FOXに対して「もっと声優たちを評価し、要求を聞くべき」と提言。FOXはマットの言葉は素直に受け止め、声優6人のギャラをあっさりとアップした。

 こうして6人は98年~04年に1話につき12万5,000ドル(約950万円)のギャラで、声を吹き込んだ。だが、再放送とDVD販売が好調であることを受けて、2004年、再び報酬アップを要求。受け入れられるまで台本あわせにボイコットするという強硬手段に出た。1カ月後、FOXは彼らの願いを受け入れ、1話につき36万ドル(約2,700万円)支払う契約を結んだと報じられた。また、放送20周年を迎えた2008年にも、6人は報酬アップを要求。1話につき50万ドル(約3,800万円)を求め、FOXと揉めに揉めた結果、1話につき40万ドル(約3,000万円)得るという契約を結ぶことになった。

 人気番組のスターと放送局の報酬交渉はスムーズにいかないことの方が多いが、『ザ・シンプソンズ』の場合、特にその傾向が強いとされている。FOXは放送開始当初、声優の名前をクレジットから外すなど声優をかなり軽視してきており、そのことが今なお大きなわだかまりになっているのだろう。

 なお、声優たちは、今回のFOXの申し出に対して、報酬は30%までならカットしてもよいが関連商品や再放送による売り上げの一部を欲しいと主張しているようだ。最新情報によると、6人は、「何なら50%カットしたって構わない。その代わり、DVDや映画、関連商品や再放送などから得ている収益の一部を欲しい」と声をあげているとのこと。

 実は、6人は過去にも何度か「DVDや映画、関連商品や再放送などから得ている収益の何%かを欲しい」と要求してきたが、FOXは断固これを受け入れなかった。『ザ・シンプソンズ』は、世界90カ国を超える国と地域で放送されており、コミック本やDVD、映画にゲーム、キャラクターグッズは何億もの金を生んでいる。テーマパークもあり、声優たちが歌う番組CDも販売されている。ビルボードチャート入りしたヒットソングもあり、放送が終了してからも、大金を生み続けていくことは確実だ。FOXとしては、この半永久的に続く甘い汁を声優たちと共有することは何としてでも避けたい。だから、その代わりとしてギャラを吊り上げていったのである。

 米「The Daily Beast」は、FOXは現在、再放送に関する契約上の問題を抱えているとのこと。この問題を解消するには、番組が終了することが条件なのだという。そのため、今すぐ『ザ・シンプソンズ』の放送を打ち切っても構わないと考える者も少なくないという。

 世界中から愛されている人気アニメが、果たして、このような泥臭い理由で幕を閉じることになってしまうのか。今後の発表が待たれる。

『ザ・シンプソンズ シーズン 1 DVD コレクターズBOX』

というエピソードも入ってます(大ウソ)

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
奇行から復活? C・シーンが名優の父と共演したパロディーCMが話題
米美少女コンテスト、3歳の女児に娼婦の格好をさせた母親に非難集中!
数々の記録を更新中! ジャスティン・ビーバー、2010年に41億円を稼ぐ

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  7. “消えたAKB48”河西智美は今
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ムショ飯はうまいのか?
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!