ジャニーズグループ徹底解剖【第四回】

ソロ活動がベースのNEWS、ナニワの根性グループ関ジャニ∞、同時期デビューの2グループ

■個々の魅力を発揮するグループ

news-all.jpg

 V6、嵐に続き2003年の「バレーボールワールドカップ」のイメージキャラクターとして結成され、同年9月15日に新高輪プリンスホテル「飛天の間」で、結成披露の記者会見行った。当時のメンバーはジャニーズJr.でトップの人気を誇っていた山下智久を中心に、小山慶一郎・加藤成亮・草野博紀・増田貴久・手越祐也・森内貴寛、関西ジャニーズJr.から錦戸亮、内博貴(2人は関ジャニ∞との掛け持ちで活動)の9名が集められた。

 グループ名は「新しい情報」という意味のほか、「North」「East」「West」「South」の頭文字をつなげたもので、東西南北に渡って国際的な活躍ができるようにとの意味が込められている。当初は状況によって9人の中から7人が選ばれて活動する変動的なスタイルを取っていた。

 11月7日、デビューシングル「NEWSニッポン」を発売。コンビニエンスストアのセブン-イレブンで独占販売された。インディーズ扱いのため、オリコンのデータ集計や日本レコード協会によるゴールドディスクなどの認定の対象外となっている。当日は同曲の歌詞のコンセプトに基づき、グループ名のロゴが入ったヘリコプターに山下・小山・内が乗り、東京都内の上空を飛行するという宣伝イベントが行われた。同年12月、歌手の森進一・森昌子夫妻の長男である森内が、未成年での喫煙飲酒や女性とのニャンニャン写真が写真誌に掲載され、表向きには「学業に専念するため」休業・脱退する。(現在はロックバンド・ONE OK ROCKのボーカル「Taka」として活動) 。

 04年5月「アテネオリンピックバレーボール世界最終予選」イメージソングの「希望~Yell~」でメジャーデビュー、初登場オリコン1位を記録し39万枚を売上げる。05年7月、「バレーボールワールドグランプリ」終了後の打ち上げで、未成年の内が飲酒したことが報じられ、芸能活動の無期限謹慎処分を受ける。さらに翌年1月、草野も飲酒疑惑が発覚。メンバーの相次ぐ不祥事により、5月1日から連帯責任という形でNEWSの活動を06年いっぱい休止することとなる。

 休止発表のあった同月の31日、山下が自身の主演ドラマ『クロサギ』(TBS系)の主題歌「抱いてセニョリータ」でソロCDデビュー。50万枚を突破するヒットで、年間4位を記録する。8月には、タイの兄弟アイドルGOLF&MIKEとともに「GYM」を結成し、「フィーバーとフューチャー」もリリース。11月には、手越と増田によるユニット「テゴマス」が、事務所初となるスウェーデン先行発売で「Miso Soup」をリリース。日本ではおよそ1カ月後に日本盤で発売される。グループ活動休止にともない個々のソロ・ユニット活動が活発化した06年だったが、12月30日に内と草野は研修生として活動することが発表され、事実上グループから脱退した。グループ結成から3年で3人のメンバーが脱退し、6人での活動を余儀なくされる。

 07年1月1日の『ジャニーズカウントダウン2006-2007』でNEWSは活動を再開。一年ぶりとなる、再活動後初のシングル「星をめざして」は日本・台湾で発売された。翌年1月にはデビュー5年で初の東京ドーム単独公演。09年に初の冠番組『走魂』(日本テレビ)がスタートするが、出演は小山、加藤、増田、手越の4名のみでメンバー全員が揃うことはなく、以降もメンバー全員での番組は組まれていない。

 昨今、アジアツアーを果たした山下のソロ活動に伴いメンバーそれぞれのソロ・ユニット活動が目立ってきており、グループ活動は実質活動停止状態にある。冠番組不在の状況も、グループの活動が見えない要因だ。活動停止、メンバー脱退といった騒動に悩まされてきたグループだが、根強いファンの期待に応える活動が望まれている。

【「YOUたちスゴイよ!」豆知識】
・ソロ・ユニットでもCDデビュー
・錦戸は関ジャニ∞と掛け持ち
・異例のインディーズ扱いでデビュー

【事務所内の派閥でいうと?】
メリー喜多川副社長の一派


■関西ノリと演歌で異色のジャニーズグループ

∞ーall.jpg
コント姿もおなじみの関ジャニ∞

 2002年12月、テレビ番組『J3KANSAI』(関西テレビ系)をきっかけに、関西ジャニーズJr.として活躍していた8人(横山裕、渋谷すばる、村上信五、丸山隆平、安田章大、錦戸亮、内博貴、大倉忠義)で「関ジャニ8」を結成。04年8月25日、演歌の老舗「テイチクレコード」からシングル「浪花いろは節」をリリースした。メンバーは自身のデビューをスポーツ新聞の記事で知ったという。ジャニーズ事務所のタレントが演歌ジャンルからデビューしたのは初めてで、関西地区限定発売にも関わらずオリコン演歌チャートで初登場1位を獲得。

 なおデビューに際し、「無限の可能性を」という意味を込めて「関ジャニ∞」に改名する。9月22日に同曲を全国発売し、オリコンの総合チャート及び演歌チャートで1位を記録した。河内音頭をベースとした楽曲に、ラップを織り交ぜた新しい演歌であり、衣装はハッピ、小道具に和太鼓を用いている。デビュー当初から地元・関西に活動拠点を置いており、初コンサートは大阪松竹座。夏公演・クリスマス公演も松竹座で開催し、「関ジャニと言えば松竹座」というイメージが定着する。

 テレビ番組は、関西テレビ『ほんじゃに』(03年~07年)、テレビ東京『裏ジャニ』(04年~05年)を始め早くから冠番組を持ち、メンバー個々でもバラエティー番組で活躍。関西人特有のボケ&ツッコミセンスで、コンサートでは「関ジャニ戦隊∞レンジャー」としてコントを披露している。メンバー個々でもドラマや舞台の出演が続くなど、俳優としての活動も多いが、やはりトークの安定感と面白さには定評がある。

 05年7月、NEWSにも所属する内の飲酒騒動により7人での活動を余儀なくされる。翌年末、内の脱退が発表され、7人で再スタート。07年にはジャニーズ事務所初の、47都道府県すべてを回る全国ツアー『えっ! ホンマ!? ビックリ!! TOUR 2007』を行い、地方の文化会館のような会場も含め約67万人を動員。同ツアーの東京公演では脱退した内が飛び入り出演し、久しぶりにメンバー8人が揃った。09年、初の単独カウントダウンライブを京セラドーム大阪で行う。

 また、錦戸がギター、丸山がベース、大倉がドラムなどそれぞれ楽器を演奏することができ、コンサートでも披露するほか、音楽番組でも演奏する。今年は『24時間テレビ』(日本テレビ系)のパーソナリティーを果たし、初のゴールデンタイムの冠番組『関ジャニの仕分け∞』(テレビ朝日)も始まり、SMAP、KinKi Kids、嵐に続いてジャニーズ4組目となる5大ドームツアーも決定。これからさらに活躍していくことが期待されている。
 
【「YOUたちスゴイよ!」豆知識】
・ジャニーズでは異例の演歌レーベルからのデビュー
・芸人顔負けのお笑いセンス
・単独カウントダウンライブ

【事務所内の派閥でいうと?】
ジャニー喜多川社長派

『NEWS DOME PARTY 2010 LIVE! LIVE! LIVE! DVD! [初回限定盤] 』

彼らに冠番組を!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
ジュリー氏が育てあげた嵐、ジャニー氏の秘蔵ッコ・タッキー&翼
企画色の強かったV6、ジャニー氏に育てられたKinKi Kids、それぞれの立ち位置
ジャニーズ事務所の強さはどこに? SMAP、TOKIOの功績を探る

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー