今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

サロンパスのCMに苦情か? 「仕事終えたら」のワンフレーズに募る疑問

salonpasu.jpg
サロンパス公式サイトより

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎終わってなくても帰ろうぜ

 森三中と唐沢寿明の出ているサロンパスのCM。道路整理やウェイトレスなどの仕事中に、コリや疲れに悩まされた森三中が、「そんな時は、帰る、貼る、寝る」の歌と共に、現場おっぽり出して帰るという内容だったのだが、最近この歌の前に「仕事終えたら」のセリフが入るようになった。きっと仕事を放って帰るって設定に「けしからん」って苦情が来たんだろうなぁ。苦情が来たからって、別にそんなセリフ慌てて入れなくてもいいのに。そうやってバカに合わせてるから、テレビがどんどん面白くなくなってるんだと思う。

◎自己トリビュート?

 ドラマ『それでも、生きてゆく』(フジテレビ系)で音楽を担当している、ピアニスト・辻井伸行。自身で作曲し演奏する繊細なメロディが、作品中にBGMとして使われている。しかし、その中の一曲の出だしのメロディラインが、同じく音楽を担当している映画『神様のカルテ』の挿入曲とほとんど同じなのである。ま、それだけの話なんだが。辻井伸行、忙しいんだろうなあ。

◎スポーツマンと洒落っ気

 ドーピング違反が発覚したプロ野球・中日ドラゴンズの井端弘和内野手。しかし、過失はなかったということでけん責処分。制裁金300万を払うのも、本人ではなくドラゴンズ。本人は始末書で済むらしい。許可のもと服用していた目の薬の許可申請の延長を忘れてただけらしいのだが。ちょっと前、「育毛剤」でアウトになったラグビーの日本代表選手のこと考えると、何か甘い感じがするよなぁ。いや、ラグビーが厳し過ぎるのか。つかラグビーと野球ってドーピングルール違うのか? よく分からんが、それぐらいあのラグビー選手はバッサリ! って印象だった。これは推測だが「チョビひげを伸ばしたかった」という理由が反発買ったのがデカかったんじゃないだろか。チョビひげで有力選手の黄金期がパー……。野球だったら大騒ぎだろう。ほんとラグビーって日本で人気ないな。次の次のワールドカップ、日本で開催するらしいけど大丈夫か? 客席ガラガラで、見に来たラグビー愛好国の人たちに失礼なことにならないか? 今回の世界陸上テグ大会もそうだが、好きでもないクセに、金儲け狙いで誘致すんなって話だ。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
島田紳助引退で、本当に困っているアノ人
批判も覚悟し、「24時間マラソン」ランナーを徳光和夫にした理由
『オールスター感謝祭』の猫ひろしに見たホンモノ感

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク