収支のバランス大切に!

230億円を稼いでも破産! 金を湯水に使うセレブの特徴とは

mchama.jpg
『Hits: Mc Hammer』

 ここ数年、アメリカでは個人破産件数が増加し続けている。米破産協会(ABI)によると2007年~2010年に個人で破産申請した件数は、約400万件。自己破産すると、履歴に7~10年記録が残るため(連邦倒産法第7章、13章)、クレジットカード社会のアメリカでは致命的なダメージを受けることになるのだが、それでも申請する人は後を絶たない。

 億単位の収入を得ているセレブたちは、自己破産とは無縁の世界に生きているように見えるが、借金が膨らみ首が回らなくなった苦い経験を持つ者も中にはいる。今回は、多額な借金を抱え自己破産という悲惨な経験をした「金欠セレブ5」を、リストアップしてみた。

■第5位 シンディ・ローパー

 80年代のミュージック・シーンに欠かせない存在だったシンディ・ローパー。無名時代、日本食レストランのオーナーに拾ってもらい、ウエートレスとして働いた経験がある親日家の彼女も、破産したことがある。シンディは1978年に「Blue Angel」というバンドを結成し、活動を開始。アルバムもリリースしたのだが、まったく売れなかっただけでなく、バンドのマネジャーから8万ドル(約620万円)を支払えと訴えられ82年、自己破産に追い込まれた。そして、バンドは解散に。

 破産後、シンディはニューヨークのバーで歌うことで生計を立てるようになり、彼女の才能と性格に惚れ込んだマネジメント業の男性がレコード会社に売り込み、見事契約。83年にリリースしたファースト・シングル『Girls Just Want to Have Fun』で世界的に大ブレークし、底辺から頂点に登り詰めた。

■第4位 マイク・タイソン

 身長180cmとヘビー級のボクサーとしては小柄ながらも、パウンド・フォー・パウンドと言われるまで上り詰めたたマイク・タイソン。1985年のプロデビューから事実上の引退試合をした2005年までの20年間に稼いだ金は、3億ドル(約230億円)以上とされる。

 しかし、金に糸目をつけないきらびやかな生活を送り続け、03年に自己破産を申請。毎月の生活費が40万ドル(約3,000万円)だったというマイクは、2人目の妻と離婚する際、900万ドル(約7億円)の慰謝料を支払うなど、湯水のように金を使い、破産申請時の借金額は2,700万ドル(約21億円)で、うち1,700万ドルが米・英2カ国での税金滞納額だったと伝えられている。

■第3位 M.C.ハマー

 アンダーグラウンドなイメージが強かったラップを、一躍メジャーにしたM.C.ハマー。軽快なリズムとダンスは、バブル絶頂期の日本で大流行し、クラブは彼を真似する「ハマ男」であふれ返った。ハマーは、世界的な大ヒットとなったセカンドアルバムで3,300万ドル(約26億円)を稼ぎ、ザナドゥ・ハウス風の超豪邸を1,200万ドル(約9億円)で購入。家の維持費に大金が飛んでいくようになり、その上、40人のアントラージュ(取り巻き)にそれぞれ毎月50万ドル(約3,800万円)を渡し、200人の従業員に年間680万ドル(5億2,000万円)の報酬を支払うなどしているうちに、あっという間に金が底を突いてしまった。

 ハマーは、1996年にカリフォルニアの裁判所に自己破産を申請しているが、書類によると1,370万ドル(約11億円)の負債があるが960万ドル(約7億円)の資産しかないこと、税金も10万ドル(約770万円)滞納していること、友人にも50万ドル(約3,800万円)借りているが返せず困っていることが記られていたという。破産後、豪邸は購入金額の約半額である650万ドル(約5億円)で売りに出されたが、それを下回る530万ドル(約4億円)で売却された。ハマーはその後、音楽業の傍ら牧師としても活動するようになり、リアリティー番組などに出演。ブレーク前の85年に結婚した妻と今も連れ添っており、5人の子どもたちの父親としても奮闘している。

■第2位 キム・ベイシンガー

 色香漂う官能的な映画『ナインハーフ』(85)で、セックスシンボルの名をほしいままにしたキム・ベイシンガー。大スターとなった彼女はAリスト女優の仲間入りをし、1989年に家族の勧めでジョージア州のブラッセルトンという街を2,000万ドル(約15億円)で購入。映画スタジオを作り映画祭を開催し、映画街にするという計画を立てた。しかし、田舎町に誰も来るわけなく事業は失敗。93年に、たった100万ドル(7,600万円)で手放すことになった。

 キムは同時期、『ボクシング・ヘレナ』(93)に出演する契約を結んだが、歪んだ性格の天才外科医が愛する女性の両足、両手を切って監禁するという、この上なくグロいストーリーであることを知り、降板。契約違反だとして800万ドル(約6億円)を支払うハメになってしまった。結果、莫大な負債額を抱え、自己破産するしか道がなくなったのだ。

 破産後、当時の夫アレック・ボールドウィン相手に『ゲッタウェイ』(94)で大胆な濡れ場シーンを披露し悪いイメージを払拭しようと奮闘したが、その後、アレックと醜い離婚・親権裁判を繰り広げ、決定的なイメージダウンになってしまった。

■第1位 ドン・ジョンソン

 人気テレビドラマ『特捜刑事マイアミ・バイス』(84~90)でクールかつワイルドな魅力を振りまき、大ブレークしたドン・ジョンソン。役者としてのピークを過ぎた後は、事業家やプロデューサーとして活躍してきたが、2003年にドイツからスイスへ入国する際に受けた検問で、小切手や株券など80億ドル(約6,188億円)を所持していたことが発覚。マネーロンダリング疑惑がかけられ、ドンは大金持ちだとささやかれるのようになった。

 しかしその翌年の3月、ロサンゼルスのナショナル・バンクから92万ドル(約7,000万円)の返済滞納で起訴され、続けて長年ツケで買い物をしていたスーパーマーケットからも「いい加減支払って欲しい」と訴えられてしまい、自己破産の手続きを開始。自慢の大牧場も売りに出さねばならなくなり、実は金欠だったことが明らかになった。

 同年5月にはスーパーマーケットに未払い額、利子、裁判費用、合計して6,267ドル(約50万円)を支払うよう、9月には銀行から借金した92万ドルと弁護士費用2万ドル(約170万円)の弁護費用をただちに支払うよう命じられ、どうしても牧場を手放したくなかったドンは自分のベンチャー企業を破産させることで、何とか回避。その後、ドンは過去に出演したドラマの著作権報酬がきちんと支払われていないと、契約不履行で制作会社を訴え、見事勝訴。2,320万ドル(約18億円)の賠償金を手に入れ生活を立て直すことに成功した。

 ほかにも、無駄遣いをし2度の自己破産を経験したグラミー歌手トニー・ブラクストン、自己破産寸前だと伝えらたことがあるニコラス・ケイジに、底を見る前に這い上がったコートニー・ラブ、申請秒読みとウワサされているリンジー・ローハン、などなど。

 不動産王のドナルド・トランプは2回破産を経験しており、ウォルト・ディズニーもハリウッドで成功する前にカンザスで起こした事業に失敗し、破産している。第16代アメリカ合衆国大統領のエイブラハム・リンカーンも、若かりしころに、自己破産しているのだから驚きだ。

 不景気にあえぎ続けているアメリカ。今後、意外なセレブが自己破産を申請する可能性は大、である。

『Hits: Mc Hammer』

金の計算、できなすぎですよ!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
胸毛ボーボーで不審者のよう? 美人セレブが選んだ、個性的なダンナたち
もたらした利益は1兆円超え!? ハリウッドを支える敏腕プロデューサー
誕生日に自分のDVDをプレゼント? ドン引きさせるナルシストエピソード



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

230億円を稼いでも破産! 金を湯水に使うセレブの特徴とはのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! シンディ・ローパーランキングのニュースならサイゾーウーマンへ!