[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

「最強のイジられキャラ」? 元Jr.鮎川太陽、ガッツポーズで表舞台に挑む

ayukawataiyo.jpg
『愛が殺せとささやいた』公式ブログより

 9月16日より赤坂・草月ホールにて上演される水沢アキ主演舞台『愛が殺せとささやいた』。この舞台に出演が決定している元ジャニーズJr.鮎川太陽の稽古レポ&近影が、同舞台の公式ブログ上にアップされた。

 以前、7月にも「パンフレット撮影」のエントリーでその姿がアップされていたが、今回は正面からバッチリガッツポーズ。

「チームあいころの癒しであり、そして最強のイジられキャラ 鮎川太陽さん!! この方、基本、常に誰かにイジられています(笑) 皆から愛されている証拠ですね」
「鮎川さんに何かコメントは?と聞くと『ヤバい、ヤバいヤバいヤバい~!!』と発狂してました」(原文ママ)

 などと紹介され、現場で先輩俳優やスタッフらからイジられつつもかわいがられている彼の様子が伝わって来る。

 鮎川がこの舞台で演じるのは、品川署の若手刑事役。若いながらも帝大出身の秀才で、「組織の上に立つには、人をコマとして使いこなし、論理的に物事を進めねばならない」と、古い捜査を行なう相棒(三上市朗)を見下す、クールなキャリア組の刑事を演じるという。
 
 今年5~7月に上演された舞台『タンブリング vol.2』では、再起を目指す男子新体操部の部員……ではなく、それを支える敏腕マネジャー役を演じた鮎川。パソコン片手に選手の特徴やクセなどを分析して指導する「キレもの」なのだが、運動はからっきし苦手というキャラクター。こちらはまだ鮎川らしいかわいらしさが取り入れられていたものの、今回はそうした部分を一切排したクールな役どころ。どんな演技を見せてくれるのか期待は高まるばかりだ。

 前述の舞台『タンブリング vol.2』のパンフレットでは「これが、いち役者としての初舞台」と熱く語っていた鮎川。思えばジャニーズ時代にも有名ドラマに出演したり、舞台を経験したことはあったものの、おそらく今ほどの意気込みでは臨んでいなかったはず。何も分からぬまま、トントン拍子に人気を博して注目を集めていたアイドル時代とは異なり、実力だけがモノを言う役者の世界。そんな厳しい世界へ自ら飛び込んだ彼は、果たしてみなを照らす”太陽”となれるのだろうかーー。

『3年B組金八先生 DVD-BOX 第7シリーズ2』

現時点での代表作はコレ

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
現在は代理店勤務! Kis-My-Ft2の元盟友がデビューを祝福
「やめてから事務所のすごさを知った」不祥事で去った元Jr.の生き方とは
「中居くんも気付いたはず!」元SMAP・森且行の巨大ポスターが登場!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク