それもひっくるめての『24時間テレビ』

「世紀の茶番!!」24時間マラソンを完走した徳光和夫に、ネットユーザーが激怒

shimadashinsuke03.jpg
ゴールで徳光さんを受け止めたこの
方も「うそやん!」の表情

 『24時間テレビ34 愛は地球を救う』(日本テレビ系)の24時間チャリティーマラソンに、番組史上最高齢の70歳で挑戦したフリーアナウンサーの徳光和夫。徳光は無事に、放送時間内に東京・日本武道館のゴールテープを切った。

 徳光はゴール後、「千里の道も一歩から! ズボラなおれでもできるんだから、誰でもできる!」と声を振り絞ったが、番組内で走行した総距離は公表されず……。その答えは、直後に生出演した『行列のできる法律相談所』(同)で、63.2キロと明かされた。『24時間テレビ』で公表しなかった理由については、『行列~』司会の島田紳助が「沿道が応援の人であふれてパニックになることを避けるため」と説明した。これにかみ付いたのは、徳光の”追っかけ隊”だ。

 ここ数年、同マラソンで不正が行われないように、有志がランナーのマラソンコースを完全追跡。その模様を「ニコニコ動画」などに配信していた。今年も追っかけ隊は”任務”を遂行、日本テレビ側が極秘にしていたスタート地点は、神奈川県相模原市中央区南橋本4丁目の空き地付近であることが判明。実際にネットユーザーがYouTubeにその付近を撮影し、徳光をとらえた動画がアップされていた。

 スタートから武道館までの距離をルート検索機能を使用して計算すると約44キロになる。しかし追っかけ隊と思しき一般人のTwitterによると、65キロという数字が出たという。仮に実際の距離が44キロだった場合、24時間寝ずに移動したとしても1時間で1.8キロ移動すればゴールできる計算になる。また、6時間睡眠を取ったとしても、1時間で2.4キロ移動すればよいことになる。

 この”調査結果”を真に受けたネットユーザーからは、「短すぎる」「世紀の茶番」「歩いても余裕でゴールできる」という声が噴出。番組ラストで徳光はフラフラになりつつも無事ゴールを果たし、武道館の舞台で大の字に寝そべった。その直後に出た「誰でもできる!」という言葉――。報道アナウンサー出身だけに、その言葉には説得力があった。

『マラソンは毎日走っても完走できない』

不正を監視するって……このマラソンも目的はなんなんだ?

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
川島なお美の「理想の披露宴」を打ち砕いた強敵とは?
宮根誠司は及びもしない、『24時間テレビ』で見せた徳光さんの名人芸
山村美紗と西村京太郎の愛に長年かすんでいた夫が、39歳下の女性と再婚!!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  6. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  7. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  10. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  11. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  12. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  13. キャラ変え好調の乙武洋匡
  14. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  18. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー