[女性誌速攻レビュー]「an・an」8月3日号

結婚しない主義男の上から目線が全開! 「an・an」結婚特集が軽い

anan0817.jpg
「an・an」(マガジンハウス)8月
24日号

 結婚したがる女が増加なんて話の信ぴょう性を高めるために作られたような特集「いまこそ結婚?」が登場です。「気になるブームを徹底検証」というタイトル上のキャッチがいやらしいですね~。韓流、タピオカ、ナタデココ的なブームとして結婚特集なんですよ、というエクスキューズか? 何の前触れもなく「母になるって楽しいかも」といった妊娠特集を思い出します。では、「an・an」流結婚ブーム特集をチェックです。

<トピック>
◎結婚したがる男、今すぐしたい女が増加中。
◎幸せな結婚をするために、知っておきたい離婚のAtoZ
◎新婚カップル・愛の巣探訪。

■横文字職業マンセー

 見開きからドドーンと「結婚したがる男、今すぐしたい女が増加中」とドデカい見出しでカマした後は、6ページにわたり結婚ブームの背景をつらつらと分析しています。震災後は心配メールで復活愛結婚が増加、結婚までのスピードがUPした、年収より人間性に評価が移った、というようなこれまでに既出のお話。

 読者の「付き合ってた頃と結婚してからの違い」エピソード紹介ページで登場したのは相変わらず、絵本作家・フォトグラファー・スタイリスト・ヨガインストラクターなど(旦那も同じく)、読者じゃなくね? 知り合いじゃね? なメンツばかり。『お願い!ランキング』(テレビ朝日系)でおなじみの料理家・青山有紀のエピソードを紹介されても、ねぇ。結婚してから「私が飼ってた猫と2人で暮らしてから、彼が猫アレルギーだったと知った」って、結婚前に一回でもあなたの家に彼が行ってれば分かったことでは……? 共感も参考もできませんな。一方で、公務員・銀行・専業主婦といった本当の読者からの話は欄外に小さくまとめられていて、「東京のオシャレクリエイターさんたち以外はそちらを参考にしてください」って編集部からのメッセージかしら?

■結婚しない男

 結婚しない主義の男と結婚した男による「男と結婚」座談会。これ、な~んか、しない主義の男が既婚陣に対して上から目線な感じがして嫌な感じが出てるんです。ケンカして機嫌を直すためにプロポーズした男性に向かって、「(女に)完全にハメられてるじゃないですか!」と返す好戦的な姿勢や、「一緒に住むとセックスしなくなりそうだし。”エロは偶然にしかや宿らない”がマイセオリー」「結婚はつまんない男がするものだ」などなど。未婚の彼らがどんな自由恋愛を堪能してるのかと思えば、「セックス後に『今のでできてたらどうする?』みたいの言われるのが一番キツイ」って、そんなこと言う女いるか!? 別ページで「美樹さんがいるだけで浄化される」って語っていた布袋寅泰をここに投入してなんとかこの場を納めてくれまいか、と願ってしまいました。あと、どうでもいいですが結婚しない主義が全員シャツかスーツを着用なのに対して既婚はTシャツかポロシャツという構図に地味にウケました。

■キムタク、織田裕二あたりの吹き替えでお願いします

 他人様のプロポーズの言葉に興味がある女性ってどれほどいるんでしょうか。他人様の幸せな言葉に文句たれるつもりは一切ありませんよ、ありませんけど、ドヤ顔で見せつけないでください! 「君の心の合鍵が僕は欲しい」(34歳コンサルタント)「僕の体の全細胞が真理をほしがってるんだ」(32歳教師)「俺、25年間も待ち続けてるんだけど」(35歳保育士)「70歳になっても同じベッドで寝ようね」(24歳自営業)など、読者の声を掲載したプロポーズ集。思ったのはただひとつ。赤の他人の幸せってつまんないですね! 浅い関係の知り合いからプロポーズの言葉を語られたときに、爆笑しないで真顔で聞く訓練には打ってつけなので、耐性のない人は繰り返し声に出して読んで自身を洗脳するといいかもしれません。で、こういう企画のときだけ経理や保育士といった一般読者を引っ張り出す「an・an」の身内贔屓はズルイ。心では、「さっむいわ~こんな企画に返答する女もどうかと思うわ~」と思っているから、身内にはリサーチしてないんですよね? オシャレクリエイターのプロポーズ言葉気になるわ~(棒読み)。

 これまでの十八番だった「an・an」の悪ノリ手法が封印されていて、物足りなさマックスの今号。特集にそぐわない40歳過ぎのサブカル陣をあえて投入して場をかき乱したり、なんでもかんでもセックスに結びつけて風俗嬢を出したりすることなく、地味~。表紙の櫻井翔目当てで買ったファンだけが中面のグラビアに喜ぶ号です。巻頭で村上春樹センセが「伝統芸能化しているのではないか?」と苦言を呈していたので(実際は自身について)、この言葉で目が覚めてくれるといいのですが。
(二宮まい)

『an・an (アン・アン) 2011年 8/24号』

翔さんの写真は良かったよ!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
「an・an」がなぞの妊娠企画! 曰く「母親になるって楽しいかも!」
良縁探しの機会と言いくるめ、「UWAKI」(=浮気)を推奨する「an・an」
広末涼子がマザー・テレサ化? 「CREA」で愛の説法教室を開講

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  7. “消えたAKB48”河西智美は今
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ムショ飯はうまいのか?
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!