[連載]ヤリチン卒業!! 叶井俊太郎の子育てコラム

赤ちゃんペンションなのに、なぜ他の家族はキッズルームを使わないのか?

kosodateiilust81.jpg
(C)倉田真由美

 大阪でテレビ収録をしたのは、先週書いた通り。3連休の2日目は神戸駅でレンタカーを借りて、淡路島へ! しかし、レンタカーのナビが古いのか、淡路島と入力してもなんだか心もとないんです。神戸の街を走ってても、なんか道路の表示が怪しいんだよな~。一応妻に地図を見てもらいながら走ってたんですが、ナビより妻の地図の方が正しい。神戸から淡路島へ行くには、明石海峡大橋という全長4キロほどの橋を渡るんですが、この橋がまたハンパじゃなくデカイ! デカイ吊り橋みたいです。しかも横風も強いわ、レンタカーが軽自動車だわ、車が揺れるんですよ! 風でハンドルを取られそうになるので、思いっきり握っててマジで手に汗かきました。神戸から1時間ちょいで淡路島に到着!

 まずは「淡路ワールドパーク ONOKORO」へ。遊園地のほかにも、芝すべりやミニチュアワールドという世界の観光地が小さくなって展示されてるスペースがありました。ココにはちょうどいい感じですね。芝すべりはソリに乗って芝生を滑るもので、オレとココで挑戦してみました。ソリの前にココを乗せて滑ってみたら、ココにはスピードが速過ぎたみたいで怖がってました。電動立ち乗り二輪車「セグウェイ」の体験があったので、妻と乗ってみると、これは楽しい! が、日本では歩道も道路でも禁止されてるので、仮に買っても乗れないらしいです。ココはメリーゴーランドを気に入ったみたいで2、3回乗ってました。

 その後は宿泊先のペンション「ターニングポイントキッズ館」へ。連休ということもあり、満室です。ちなみにここのペンションは庭に三輪車が置いてあったり、ジャングルジムがあったりして、ココも楽しそうに遊んでました。お客さんはオレらの他に5組の夫婦と赤ん坊が来ており、ロビーに赤ん坊たちが集合する形になったので、かなりにぎやか。

 チェックイン後、離れにも広めのキッズルームがあるというので、行ってみる。15帖くらいのスペースにボールプールやおもちゃが散乱してて、本棚には漫画や本、テレビもDVDもあり、大人もここで子どもを遊ばせながらテレビも見れて本も読める、ほとんど自宅と変わらない空間。夕食まで時間があったので、この部屋で休むことにしました。それにしても毎回赤ちゃんペンションに来てナゾに思うのは、他の家族連れはキッズルームで子どもを遊ばせないってこと。今回もキッズルームに遊びに来てたのは、オレら以外に1組だけ。他の家族は何してんだろ? 部屋でテレビでも見てるのかね? せっかく赤ちゃんペンションに来てるんだから、ちょっとはキッズルームで遊ばせてもいいんじゃないかと思うわけです。

 夕食は食堂で6組の家族で一緒に食べます。赤ん坊用の料理もおいしそうだったけど、ココはちょっと食べたらイスから降りてダッシュでロビーに行き、おもちゃで勝手に遊んでるし。ココにつられたのか、何人かの赤ん坊たちも食事中なのにロビーへ遊び出していきました。赤ん坊専門のペンションはこういうところが気を使わなくて楽ですね。普通の店だとココが暴れ出しただけで、外に連れ出したりしなければならないでしょ。

 食後もまた「貸し切り状態」のキッズルームでココを遊ばせて、就寝。翌朝は7時に起きて朝食。淡路島を観光しようと思ってたんですが、台風が近づいていて朝から大雨。海にも行けないし、屋外で遊べないだろうということで、淡路島のお土産売り場をブラブラして早めに神戸に戻ることにしました。しかし、大雨の明石海峡大橋はハンパじゃなく怖い! 台風のせいで風も強いし、行きよりも揺れる! 運転に慣れてないオレはマジでパニくりましたよ。

 慌ただしい旅行だったけど、ココが楽しそうなので、良かった。淡路島は天気が良ければバナナボート、ジェットスキーができるみたいだし、ココがもうちょっと大きくなれば違った遊びでできるようになるかも!

『突然、9歳の息子ができました。』

ココちゃんが暴れまくっているんじゃ??

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
身近でも『名前をなくした女神』の世界! いい加減にオレも入れてくれ!
家族旅行で行った石垣島、あと10分で死ぬところでしたよ!
継父ネタはタブー? ママコミュニティーで相変わらず浮きまくりです!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク