【ヤリマン肯定主義】第11回

「ヤリマン」と「サセコ」は同義語にあらず!! ヤリマンが違いを徹底検証

yarimankouteishugi11.jpg
Photo by sexyi from Flickr

 同じようで違う言葉もあれば、違うようで同じ言葉もあります。今回は、前者の方……同じようで違う言葉に注目してみましょう。「ヤリマン」と「サセコ」、いや他にもまだまだ類義語は多々存在します。「ビッチ」だとか「公衆便所」という言い方もあるようですね。ですが、ビッチはそもそも”雌犬”を意味するのだそう。雌犬の発情周期は、犬種によっても異なるようですが、7~8カ月程度とのことですので、「ヤリマン」や「サセコ」と同義語として捉えるのは違うような気がします。「公衆便所」ですが、公衆便所って自治体などの管理下にあるものです。「ヤリマン」も「サセコ」も他者の管理下でセックスをしているわけではないのですから、これも同義語とはいえないですね。では、「ヤリマン」と「サセコ」の違いは何なのでしょう?

 それは、ヤリマンには「サセている」という認識がないということです。サセるというのは、見方によっては上から目線。それに対してヤリマンは、セックスを男性と対等に楽しんでいます。むしろ、マスターベーションでは得られない、男性器のみがもたらしてくれる、何にも代えがたい悦楽をもたらしてくれる殿方に、敬意こそ払えど、上から目線だなんてとんでもございません。念のため、ここで注意して頂きたいのは、ヤリマンは殿方に過度にへりくだっているわけではありません。あくまでも「敬意」です。

 さて、ここからは実践編です。まずは性交渉の交渉について。「誘われれば二つ返事で応じるが、自ら誘うことはない」というサセコに対して、ヤリマンは性欲の赴くまま自主的に誘うこともあります。といっても、すべてのヤリマンが肉食恐竜のように積極的なアプローチを展開しているわけではなく、殿方が誘いやすいようなトスをあげるという手法のヤリマン女性も少なくありません。私の場合は、どちらかというと後者に当たりますね。「今夜、うちに来ない?」「お泊りに行っていい?」などではなく、「うち、めっちゃきれいだよ」「家飲みの方がくつろげるよね」という遠回しな誘い方をして情緒を楽しんでいます。

 交渉が成立したら、次は場所です。男性側もしくは女性側の自宅はさておき、分かりやすいのはラブホテルでしょう。サセコは、場合によってはクルマの中だろうと屋外(河川敷など)だろうと応じるものですが、ラブホテルのワリカンもしくは女性負担だけには絶対に応じません。なぜなら「サセている」という意識が高いからです。「セックスはサセるが、金銭を払ってまで行為に及ぼうとは思わない」という定義がそこにはあります。ヤリマンの場合は、性衝動がどうにもこうにも高まり、でも殿方の財布には1,500円しかない……。そのような際は財布の紐を緩めることもあるでしょう。全額支払いに応じるヤリマンも存在します。但し、ラブホテル代を毎回喜んで全額負担するということではありません。先方の財布事情によっては、ということです。

 場所が決まったら、いよいよ行為です。ヤリマンとサセコの決定的な違いは、「自分の好みではないプレイを要求されたらどうするか?」という部分にあると思います。サセコは、確実に拒むでしょう。「挿入には応じるが、自分が意としない行為に関しては守備範囲外とさせて頂きます」という線引きをしている女性が多いようです。その分、自分自身の欲求を押し通すこともしません。実にシンプルなセックススタイルといえますね。対するヤリマンは、好みでないプレイに関しては交渉次第といったところでしょうか。「○○プレイはホンット無理!」と言いつつも、もしや新たなる快楽の扉が開くのではないか、という好奇心から「少しくらいなら……」とお試しに興じることはあります。むろん、限度というものがありますので、あまりにも突飛なプレイにはさすがに難色を示すでしょう。

 最後に、ヤリマンとサセコの共通点について。ヤリマンもサセコも、性欲が強いという部分は一緒ですし、セックスという行為に対して「彼氏以外のヒトとするなんてダメ!」と重みを感じている人はおらず、ライトな感覚で臨んでいます。そのうえで、それぞれの狩りの場や対象男性は異なるわけですから、これまでも、そしてこれからも、上手に共存していけるのではないでしょうか。

菊池美佳子(きくち・みかこ)
21歳で処女のままキャバ嬢デビューをするものの、試用期間内に本指名をとれず、東武東上線沿線のキャバクラを転々とする。その後、派遣OLを得て、現在は大人のおもちゃ屋さんのコピーライターとして、ヤリマンの名誉をかけて奮闘中。

『私立ヤリチン学院高等科 いま我々はモテるために何をすべきか?』

しかし、「させ男」っていないなぁ。

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
セックスで重視するのは愛情? 相性? ヤリマン vs 童貞のセックス対談
もしもヤリマンが「誰も教えてくれなかった飽きない! セックス」を読んだら
コンビニ新商品を試すか……アナタのヤリマン度合いを測る「ヤリマン検定」

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. “消えたAKB48”河西智美は今
  13. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 新春ジャニオタ放談
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 他人の記事をパクるのはこんな人
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー