エイベックスがまたお騒がせ?

松浦勝人氏、実はTwitter辞めたかった? ”ポスト松浦”の登場に期待

touhoushinki04.jpg
JYJはとばっちりを受けてしまいました

 ことあるごとにツイートが炎上し、エイベックス関係者もその都度冷や汗を流していた松浦勝人同社社長のTwitterアカウントがこのほど削除された。一般人の少々度が過ぎた物言いに対して激怒した松浦氏は「決めた事は実行しないと気がすまないたちなので申し訳ありません」という捨て台詞を残していた。

 事の発端は、これまでにも何度かあった東方神起ファンとのトラブル。脱退騒動の渦中にあるJYJが過去に製作した楽曲を、中国人歌手がカバーした動画がYouTubeにアップされた。あたかもエイベックス公認(松浦氏は否定)であるかのような内容にJYJファンは激怒。松浦氏はツイッターで否定したものの、ファンからの攻撃は止まらなかった。

 次第に「相手にしてるとおれまで馬鹿からアホになりそうだから、もうやめるわ(爆笑)」と煽り始め、「辞めないでほしい」という声にも「jyなんちゃらのなんちゃらがやめろっていうんで(笑)」とツイートし、JYJファンをさらに激怒させ、ついには7月20日にアカウントが削除されたのだった。

 つまり、簡単にいえば「一般人の発言が頭にきて辞めてしまった」という流れだが、現在松浦氏は監禁・脅迫疑惑の裁判を抱えている。「曲がりなりにも『被告』という立場なのだから、不用意な発言は控えるに越したことはない。この程度の炎上は松浦氏にとっては日常茶飯事でしたから、最近では辞めるタイミングを図っていたのかもしれませんね」(ワイドショーデスク)という見方もある。

 さらに一方で、著名人のブログやTwitterからスクープが生まれることも珍しくなくなった昨今。日々それらをチェックする記者からはこんな声も挙がっている。

「マスコミに対して強く圧力をかけてくるエイベックスですから、例え松浦氏がものすごいツイートをしたとしても簡単に記事にはできません。『常にチェックしなくてはならない。しかしネタにするのは難しい』という、やっかいなアカウントでしたね(笑)」(スポーツ紙記者)

 とはいえ、定期的にネタを振りまいてくれた名物アカウントがなくなってしまうのは少々寂しいもの。業界では次に現れるであろう”ポスト松浦ツイッター”について期待の声が高まっている。

「ネット上で不用意に爆弾ネタを書く人というのは、実は結構存在するもの。しかし松浦氏ほどの立場にある人となると、なかなかそれも望めませんからね。上戸彩に対して『彩ちゃんって楽しいうわさがあるよね』と、EXILE・HIROとの熱愛を唯一公の場で突っ込んだソフトバンク社長・孫正義氏くらいかな」(前出記者)

 確かに孫氏は、同社の正式リリースを待たずして新サービス開始の発表してしまい話題になったことも。松浦氏や孫氏とも肩を並べる、「大物過ぎて誰も物言いができない」アカウントの登場に期待が集まる。しかし、裁判が無事終わったところで松浦氏が復活する可能性も考えられるだけに、それまでひとまずTwitterお騒がせアカウントは一休みといったところか。

『JYJ – The Beginning (New Limited Edition) (韓国盤)』]

JYJは何もわるくないの

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
エイベックス松浦勝人、尊敬する人は杉良太郎? 杉夫妻と業務提携
「オレ、安室さんに合わせますよ」と言い放った山Pに安室奈美恵ブチ切れ
ジャニーズとJYJに共通する、不透明なチケット”手数料”ビジネス

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク