• バッシングを受けるグンソクの人気は本物!? 韓流ブームの実態を大検証
その他
話題の中心独り締め! 時事ネタ知数レベルアップ案内

バッシングを受けるグンソクの人気は本物!? 韓流ブームの実態を大検証

1107_gunsoku_preama.jpg
チャン・グンソクの『Let me cry』

──「日刊サイゾー」で話題のあの記事をただ読む以上に、さらなる知識を知りたいそんなアナタのために、話が100倍(当社比)膨らむ” プレミアム”な記事をサイゾー目線で厳選レビュー!今回もサイゾーウーマン読者の皆様へのおススメ記事を紹介します!

 東方神起やKARA、少女時代を筆頭に世間をにぎわせるK-POPに、2004年頃から続く韓国ドラマの日本進出といった韓流ブーム 。現在、韓流スターたちは日本の芸能界を席巻しており、雑誌からテレビ番組など、各メディアで彼、彼女たちの姿を見ない日はありません。

 そんな根強い人気を誇る韓流ブームの中で現在、最も注目を集めているのが俳優のチャン・グンソクです。サントリーの『ソウルマッコリ』のCMに出演し話題となり、女性週刊誌では連日大々的に特集が組まれるなど、メディアではかつてのヨン様ブームを彷彿とさせる盛り上がりを見せています。しかし、その人気には常々疑問符がついてまわっています。今月13日に放送された『ファミ☆ピョン』(TBS)のチャン・グンソク特番は、平均視聴率3.9%と散々な結果に。同18日の『SMAP×SMAP』(フジテレビ)では、チャン・グンソク本人が出演したにもかかわらず、視聴率は13.8%と同番組としては平均的なものに落ち着きました。さらには、先月27日の来日の際、羽田空港に800人ものファンを集めたことでニュースとなったものの、実際は動員のためにアルバイトを雇っていたとして、議論を巻き起こしました。

 そこで、今回の「レベルアップ案内」では、巷で騒がれる韓流ブームを大検証します。識者に聞いたチャン・グンソク人気の真実から韓国芸能界の黒い噂、食わず嫌いは損をするK-POPの音楽的真価まで──ブームが喧伝される韓流の裏側に迫った記事をご紹介。果たして韓流は本当に盛り上がっているのか!? 韓流好きの人も、韓流嫌いの人も、これを読んでブームの真実を覗いてみてはいかがでしょうか?

【日刊Pick Up記事】
「ファン800人が羽田で歓迎」のチャン・グンソク 実際は「謝礼2,000円」の応募者が100人……
2011年6月30日付(日刊サイゾー)

韓流ブームは広告代理店の差し金!? プレミアムな記事紹介はこちら↓

【プレミアムな関連記事】

[レベル1:韓流スターたちを知る]
共演者キラー? キム・ヨナと熱愛!? ワイドショーでは報じられないチャン・グンソクの本当のところ
2011年8月号(プレミアサイゾー)

グンソクはもうヨン様なんて目じゃない!?

日本の女子高生がハマりまくり!!韓国女子アイドル旋風発生中
2010年9月号(プレミアサイゾー)

韓国女子アイドルの区別がつかないって人は必見。

いまだ人気の秘密を理解できない人へ東方神起”人気”のナゾ
2009年9月号(プレミアサイゾー)

この当時はまだ5人だったのに……。

[レベル2:音楽的真価を問う]
バキバキに低音が効いた少女時代のトラックは最先端! 音楽的にも戦略的にもヤバいK-POP
2011年8月号(プレミアサイゾー)

力を入れてるのは外見だけじゃないから!

[レベル3:疑問視されるビジネスの手法]
復興支援じゃなかった!? K-POPスター夢の競演イベントで番組収録
2011年6月25日付(サイゾーウーマン)

なんで日本で開催したんだろう?

ジャニーズとJYJに共通する、不透明なチケット”手数料”ビジネス
2011年5月8日付(サイゾーウーマン)

何気にジャニーズにもケンカを売ってるような?

街宣車まで出動したJYJ とエイベックスの仁義なき戦い
2011年7月号(プレミアサイゾー)

怖い人たちがいっぱい。

[レベル4:日韓で暗躍する芸能プロの力]
「すべてはドンのため?」芦田愛菜とK-POPをめぐる芸能利権の力学とは
2011年6月21日付(日刊サイゾー)

芸能界のドンもうらやむ韓流ブーム。

相次ぐ自殺、契約訴訟、金銭トラブル……第二次韓流ブームの裏にある、キケンな利権
2010年4月号(プレミアサイゾー)

日本とどっちがひどいのかな?

日韓所属事務所・レコード会社、三つ巴でK-POP ブームの危機!?
2011年6月号(プレミアサイゾー)

K-POPブームの鍵はチャン・グンソク!?

プレミアサイゾー
http://www.premiumcyzo.com/

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク