[連載]安彦麻理絵のブスと女と人生と

他の追従を許さない「美STORY」、一流のエゲツなさを再確認した

abikomarie110722.jpg
(C)安彦麻理絵

 台風接近のおかげでそこまで暑くなかったので、赤ん坊を抱いて駅前の銀行へ。その足で久々に書店にも赴いた。例によって、最初にのぞくのは当然、女性誌コーナー。気が付けば「美STORY」(光文社)のそっくりさんみたいな雑誌「美メソッド」(角川マーケティング)なる雑誌が刊行されている。出所は角川のようだったが、それにつけても表紙グラビアは松田聖子。相当強気だ。鼻息の荒さを感じる。「美」がテーマの雑誌なのに「凄く鼻息が荒い」って、それって一体どうよ、と思うのだが、とにもかくにも、本家本元の「美STORY」にどこまでキツく食い込めているのか、さっそく誌面をチェック。


 ……一瞬にして「これはちょっと……」という困惑が脳裏をかすめた。マリエの眉間に走るシワ……その腕ですこやかに眠る赤子……そして、「美メソッド」。「多分、次号は……ないな」。バッサリ言い過ぎかと思われるかもしれないが、しかし、これは誰が読んでもそう思うのではないだろうか? なにしろ、どうにもこうにも、内容がスカスカすぎるのだ。表面だけは潤っているように見せかけて、実は内側がスカスカに乾燥している。まさに40女の肌質そのもの!? と、いわんばかりの内容なのである。それに比べたらまぁ「美STORY」のふてぶてしさといったら、向かう所敵なし、といった感じだろうか。「韓流男子の板チョコみたいな腹筋に胸キュン」だの「どろどろの化粧崩れ」だの(言葉の響きが凄すぎる)挙げ句の果てには、ついに出た!! といった感じの「夫とのセックスレス特集」……「婦人公論」(中央公論新社)のソレとはまた違ったエゲツなさ爆発で、セックスレス回避のための美容ネタが満載。

「川島なお美の夫は、なお美の56センチのくびれたウエストが好きらしい」

 って、わざわざ赤ん坊抱きながら立ち読みしてまで得る情報だろうか? 他にも「むしゃぶり肌になる」ってすごいフレーズを目にしたのだが……「亭主にむしゃぶられるような肌になれるコスメ」が、ごっそり紹介されてたけど、別にそんなコスメ使わなくたって、脳内エンドルフィンだけでなんとかなりそうな、そんな勢いのある特集であった。「美メソッド」は、この「美STORY」を出し抜くつもりだったのだろうか?

 しかし、そう簡単には覆せない、超一流のエゲツなさ。エゲツなさも「ホンモノ」になると、リスペクトせざるをえなくなる。だからといって「じゃあ、ああゆう、美STORY的中年女になりたいか?」と聞かれると、一瞬、答えに詰まってしまう私であった。

 ちなみに今日買った本はマガジンハウスの「クウネル」、木原浩勝さんの「九十九怪談」(角川書店)。「ホッコリ」と「ホラー」の饗宴。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  5. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  6. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  7. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  12. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  13. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  14. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  18. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム