[連載]安彦麻理絵のブスと女と人生と

力士がまわしを締めるがごとく、産後の女は「トコちゃんベルト」を巻くのである

abikomarie110716.jpg
(C)安彦麻理絵

 腹の肉が凄い事になっている。なんだかまるで、お歳暮とか、お中元で出回る「ぶっといハムの固まり」、のようである。妊婦時代の衣類はソッコーで処分したので、必然的に「いつもの今まで着てた服」を着てるのだが、なんというか、「小さな子供服に、無理矢理カラダをつめ込んでるような感じ」なのである。寝間着として穿いていた黒いスパッツを穿けば、ウエストゴムの部分からブニョリとハミ出した肉はまさに「あの、長州小力の腹肉そのもの」といった趣。その腹肉のふてぶてしい存在感に、たまらなくイラ立ってきて、思いっきり力任せに肉をむしり取ってやりたい衝動にかられるのだった……。

 ところでやはり、産後といえば、どうしたってハズす事ができないのが「骨盤ケア」である。「赤んぼ産んでバッカ~ンと広がった骨盤を締めずには、その後の女の人生はあり得ない」と言われてるくらい(多分言われてる)、そのぐらい産後の骨盤ケアは重要らしい。美容と健康のためには避けて通れない「おんな道」なのである。開きっぱの骨盤は、おばさんケツ一直線らしい。しかしまぁ、「あんまり気合い入れて締め過ぎると、ものすごくイライラしてきて、カラダにも弊害が出てくる」という話を、以前整体の先生から聞いたことがある。でも今回はもう、トシもトシだしなぁ。実は今まで、産後の骨盤ケアってぜーんぜんやってこなかったので、今回ばかりはキッチリやってみることにした。で、善は急げ、である。思い立ったら即行動に出ないと気がすまないタチである。

 産後1週間で私は、池袋にある「O脚とか治す整骨院みたいなエステ」に、「正しい骨盤ベルトの身に付け方」の講習を受けにぶっ飛んで行った。産後1週間で自ら講習を受けにくるって、そんな女、そうそういないらしい。というのも、まだまだ外をほっつき歩くのは大変、といわれてる時期である。それなのに、ダンナに赤子預けて、身軽じゃないのに、腹肉揺さぶりながらすっ飛んでくるんだから、講師の女性にはびっくりされた。その人は「私、こないだ、産後1週間って人のとこに『出張』で講習に行ったわよ」と、「出張」の部分を強調しながら苦笑いしていた……。

 さて、世の中にはピンキリで沢山の骨盤ベルトが出回っているが、私が今回使っているのは、その骨盤ベルト界の中でも一番有名であろうと思われる「トコちゃんベルト」ってやつである(なんでこんなヘンな名前なんだろう?)。これ、ネットで通販入手可能。説明書通りに骨盤に巻けばいいんだけど、やっぱりできることならベルトの「正しい付け方」を、アドバイザーさんから実際に教えてもらったほうがいいらしい。HPには正しいベルトの巻き方を教えてくれる、病院や助産院などが紹介されてる。

 「そんなのめんどくせーよ!!」って私も最初は思ってたのだが、しかし今回は「今、チャンとやっとけば、後々後悔せずにすむのではないか、あの時頑張っといてよかった、と、思う時がくるのではないか」という考えが頭をよぎった。

「小力みたいな腹はもうイヤ……!! おばさん体型一直線なんて絶対イヤ!!」

 力士がキリリとまわしを締めるがごとく、産後の女は「絶対体型戻してやる!!」とクチビルを噛み締めながら骨盤を締めるのである。講習を受けると、骨盤ベルトの代金(7,000円くらい)に、さらに確か5,000円くらい料金が上乗せになるので「げっ!! 高けぇ!!」と一瞬躊躇したのだが、しかしダンナに「もうこれ以上、己のケツをオバさん化させたくないから!!」と頼み込んで、出産祝いでもらったカネをふんだくって、ダッシュ・ソッコーで池袋に向かってきたのであった。

 で、実際付け方を学んでみると「あ、自己流じゃ絶対間違った場所に巻いてたかも」って思った。しかも、サイズ選びの段階から間違ってた。実際は自分が思ってたサイズよりも上だった。そんなわけで、このトコちゃんベルトは最低でも産後2カ月、腰痛で悩んでる人は半年くらいは巻いてた方がいいらしい。私の友人では、産後、体重が戻るまでは巻き続けてる、という人もいた。ところで今回、この講習で私以外にもう一人、「現在6カ月の妊婦さん」という人が来てたのだが(このベルトは妊婦さんが巻いても可)ショックだったのは、その妊婦さんよりも私の方が明らかに腹が出ていたことである。「実はもう一人、まだいるだろ!?」って腹だった私……これを屈辱と言わずに何と言おうか?

 今現在、この骨盤ベルトを巻いてから2週間くらいが経つが、確かに腰痛は良くなったような気がする。腹はまだまだ小力状態だが……。あと7キロくらい落とさないといけないのである。効果のほどはまだはっきりとは言えないが、しかし「骨盤締めてるとなぜか落ち着く」という、妙な安心感があるのには驚いた。私の骨盤、今まで、相当ガタガタでガバガバだったんだろうか?

 それにつけても、この骨盤ベルト締めた上に「ブンニョリ」と、鏡餅のように乗っかったハミ肉のふてぶてしさったらもう……肉がニヤリと、ほくそ笑んでるように私には見えるのであった。現在読んでるダイエット本→「断捨離ダイエット」。家の中のもの捨てまくりながらダイエット中です。



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

力士がまわしを締めるがごとく、産後の女は「トコちゃんベルト」を巻くのであるのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ブスと女と人生とのニュースならサイゾーウーマンへ!