[女性誌速攻レビュー]「VERY」8月号

コンサバ奥さま雑誌「VERY」で、広末涼子が暑苦しいほどの「高知愛」を語る

very1108.jpg
「VERY」11年8月号/光文社

 今月号の「VERY」の特集は「ママプレスたちのオシャレ手抜き情報」。ちらっと拝見したところ、カタカナの企業名+プレスという職業ゆえか、一般人にはマネしにくいオシャレすぎるコーディネートで、まったく参考にならなそうです。すでに母親になっている友人たちの証言、「妊娠してから子どもが小学校に入るまでは、ぺったんこ靴だった」を鵜呑みにしていたのですが、ママプレスたちは「厳選して残った10cm以上のヒールが毎日の靴」と話したり、雨の日はトリー バーチ、エミリオ・プッチ、グッチで足元を決めていたり。ぺったんこ靴と10cmヒールの間に、「女としての現役感」という意識が見え隠れします。しかし、「ハイヒール=いい女」という呪縛は結構長く効果を発揮してますね。バブル時代というのは、余計な後遺症を残していったもんです。

<トピック>
◎母ゴコロ エコゴコロ
◎「正直しんどい」夏休みを、どう乗り切る? 滝沢眞規子さんとクリス・ウェブ・佳子さんの夏休み服
◎今年の夏はイケダンがプロデュース!

■「周りの人たち」=家族ってこと?

 時折ご紹介していますが、「VERY」の巻頭には「母ゴコロ エコゴコロ」という連載があります。出産を経た有名人がオーガニック商品や代々実家に伝わる一品を紹介し、母として我が子にそれらをどう還元するかを語っています。そんなコーナーに今月は女優・広末涼子が登場! 広末といえばキャンドル・ジュン氏との子どもを出産したばかり。広末ギャグとして、キャンドルを持ってくるか、docomoのポケベルを持ってくるか、からだ巡茶を持ってくるか。正解はどれでもありませんでした。

「高知から届く野菜や果物は私と私の周りの人たちへの愛情。それをシェアすることがエコ」

 ん? 分かるようで分かんないぞ? 自然の恵みを子どもに与えたいということなのかと読み進めても、一切子どもの話が出てきません。前半は故郷・高知の野菜がいかにおいしいか、後半は今年もよさこい祭りに行っちゃうぜ! という話に終始。「そろそろ、よさこい祭りのシーズンなので、私の中の土佐の血が騒ぎ始めています」という一文を見ては、「ダメよ、またタクシーを無賃乗車しては!」と注意をしたくなり、「このとき(よさこい祭り)ばかりは、たとえ連ドラの仕事が入っていても、『3日間だけは空けてください』と事務所にお願いして高知に帰ります」という決死の一文を見ては、阿波踊りを乱舞していた三田村邦彦が憑依しているのではと心配になります。

 なにが言いたいかと言うと、不自然なほど子どもと夫に触れていないのです。事務所の戦略なのかもしれませんが……。しかし「母として」の自分を語らずにこのコーナーに登場するとは、さすが広末。今月だけコーナー名を「土佐ゴコロ 鰹タタキ」にしてもらればよかったのに、と思った次第です。

■早口言葉の練習として音読ください

 ここ最近の「VERY」といえば滝沢眞規子さんをメインモデルに据えた感があったのですが、今月はいよいよあの方を表立って登場させています。それが「『正直しんどい』夏休みを、どう乗り切る? 滝沢眞規子さんとクリス・ウェブ・佳子さんの夏休み服」に登場した、クリス・ウェブ・佳子さんです。実は筆者、前々からクリス・ウェブ・佳子さんに注目しており、以前レビューでお知らせしたダイエット企画「英陸軍経験のある夫に教わった腹筋で、割れたお腹を10年キープ」というのもクリス・ウェブ・佳子さんのこと。時代が来ると思ってたよ、クリス・ウェブ・佳子さん!!

 さて、この企画から読み解くに、イギリス人のご主人がいるクリス・ウェブ・佳子さんは毎年夏休みは1カ月もイギリスに「帰国」されるそうです。チャリティーパーティーに出席するときは、「ドレスアップするときは思い切り」の信条のもとド派手に。あまりに個性的なドレスは「一度だけ」らしく、将来子どもたちへ譲るそうなんですが、その写真のドレスはマーク・ジェイコブス。すごいよ、クリス・ウェブ・佳子さん!! 夫婦水入らずにデートはパリで楽しむかと思いきや、川崎大師の風鈴市まで行っちゃうアクティブ派。すごいよ、クリス・ウェブ・佳子さん!!(←言いたいだけ) 彼女の登場で、美形モデル・滝沢さんも霞むばかり。頑張れ、滝沢・ビケイ・眞規子さん!!

■「イケダンの妻」である恍惚

 CMという権利を手に入れ、触れるのもはばかれるぐらいのゴリ押し感がハンパない「イケダン」。今月号には別冊付録として「今年の夏はイケダンがプロデュース!」が入ってます。その中にある「イケダン度チェックリスト」は20項目もあります。その一部を見てみると、

・夏でも涼しげなリネンシャツを持っている
・子連れで外食のとき、パパが子供の食事のお世話をしている
・妻がゆっくり休めるように、少なくとも月に1回は外出させてあげる
・突然、妻が高熱! そんなとき食事を作ってあげることができる

 あれ、なんかビミョーに妻に都合のいいような気が……。他にも「体重・体型をキープするために、日々気をつけている」という項目もあり、内面・外見ともに夫に望むことは多いようです。しかし、恋愛だって夫婦だってなんだかんだで「ギブ&テイク」の精神が基本。相手に多くを望むということは、相手からも多くのことを望まれるのです。それは「互いに高め合う」ことなのか、「互いに首を絞め合う」ことなのかは分かりませんが、筆者にこんなパーフェクトな夫がいたら精神的に耐えきれないので、土下座して離婚してもらいます。でもきっと「VERY」読者はモテ人生を歩んできたからこその「鈍感力」があるでしょうから、「夫が自分になにかを望んでる」なんて夢にも思わないのかもしれません。だからこそ、「イケダンの妻」でいられるのだと、まざまざと感じました。

 今月は巻頭の広末涼子がすべてをかっさらったようで、「VERY」もいまいち”らしさ”がなかったように感じました。でも一矢報いたかったのか、バッグ紹介ページに「何も持たないで、夏。」というタイトルを付けてましたよ。『愛なんていらねえよ、夏。』(TBS系)へのオマージュだと気付くのに、5秒ぐらいかかったけどね。
(小島かほり)

「VERY」

旦那はよさこいでもキャンドル灯しちゃう感じ?

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
夫とは2カ月に1回……「VERY」のセックスレス特集から見えた「女の地獄」
「若くてオシャレな私」は終焉! 「VERY」が打ち出した「婦人公論」的な世界観
「化粧品を一緒に選ぶ」のが良妻!? 「VERY」のイケダン量産プロジェクト

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク