足フェチだからって......

お持ち帰り女性のメールが流出し、タランティーノの性癖が世界中に広まる!

QuentinTarantino.jpg
「はい、どうも。僕足フェチです」

 クセのある強烈な作品を手がけることで知られる鬼才クエンティン・タランティーノ監督。『ジャッキー・ブラウン』(1997年)では、ブリジット・フォンダの足を執拗に撮影するなど、無類の足フェチとして知られているが、彼と関係を持ったという女性が友人に送った「タランティーノが、私の足にむしゃぶりつきながらマスターベーションした」と告白するメールがウイルスに感染して流出。じわじわと注目を集めている。

 英「Daily Mail」によると、タランティーノに足をナメられたと告白したのは、サンタモニカのテレビ制作会社で働いている23歳のビジョリー・シャーという女性。カリフォルニア大学バークレー校で政治を学んだ才女で、大学時代は校内テレビでアンカーを務めたり、人気ゲーム番組に出場するなど、明るく外交的な性格だという。ジョニー・デップやジェニファー・アニストンなど大スターを顧客に持っていた元大手PR会社でインターンとして働いていた経験もあり、かねてより業界に興味を抱いていたようだ。

 問題のメールは、ビジョリーが「人生の中で、最高に狂った経験」「この経験は、きっと私にとって最高の話ネタとなる」と、15人の友人にあてて送ったもの。タランティーノとは、とあるパーティーで出会ったそうで「飲み物を作っていたら、ひょろっと背の高い男性が私のグラスにオレンジジュースを注いでくれたの。それが、QT(クエンティン・タランティーノ)だったの」「絶対つかまえなくちゃって思って、『みんなから言われているでしょうけど、「レザボア・ドッグス」は最高だわ!』 ってオタクなことを言ったの」と、積極的にアピールしたそうだ。

 ビジョリーは「『キル・ビル』は好きじゃない」とも発言したそうで、タランティーノは「ワォ。とても強い影響力を持つ、あの映画を嫌いなんてオレに言った人は今までいなかったよ」と、自画自賛気味に返し「なかなか言うじゃないか。そういうの好きだよ」と、彼女の肩に腕をまわしてキスをしたとのことだ。

 しばらくパーティーでいちゃついた後、「うちに来ないかい?」とお持ち帰りされたビジョリーは、タランティーノ宅にあった写真ブースで記念写真を撮影。キスをしたりいちゃつきながら撮影したこの写真を、「これが証拠よ!」とメールに添付し、これもメール同様に流出している。

 この写真を撮影した後、タランティーノは「君の足をナメながらマスターベーションしてもいいかな」と囁き、彼女の足を舐めたり足の指を吸ったりしながら10分ほど自慰を行ったとのこと。ビジョリーは「人生の中で最も奇妙な10分間だった。だって、オスカー監督が私の足をナメて興奮しながらシコってるのよ」とメールで回想している。

 ビジョリーはこの夜お泊りし、翌朝、タランティーノは別れを惜しむかのように、再び彼女の足を舐めたり吸ったりしたとのこと。その後、紳士的に自分が運手する車で彼女を家へと送ったそうだ。

 メールには、タランティーノのイチモツについて「短くて、太くて、小っちゃいかたまりみたいで、これまで見たペニスの中で最も魅力のないものだった」とこきおろした記述もあり、親しい友人のみにあてたものだというのがよく分かる。しかし、不幸なことにメールはウイルスに感染。今現在も、多くの人にばら撒かれている状態だという。

 48歳の男が、25歳年下の女性の足にむしゃぶりつきながら自慰行為にふけるのは異様な光景であるが、ネットでは、「タランティーノならいかにもやりそう」「それが彼の性癖なのだから問題なし」「彼なら仕方ない」と同情的な声が多い。

 なお、タランティーノの代理人はこの件に関して、ひたすら沈黙を続けている。

『凄まじき性癖を持つ漢たち』

QTったら!!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
ブームで恥ずかしい写真が流出! キャサリン妃兄弟の知られざる過去
大物女優ウーピー・ゴールドバーグの尿漏れパッドのCMが話題に!
ナチュラルなモッコリ! アルマーニの新下着モデルはテニス界王子

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク