[TVツッコミ道場]

巨大写真で誤魔化した? Hey!Say!JUMP出演番組それぞれの対処法

morimotoryoutarou02.jpg
何のための規制なの?

 今回ツッコませていただくのは、最年少メンバー・森本龍太郎の喫煙問題発覚→無期限活動停止となった後のHey!Say!JUMP出演のテレビ番組。

 7枚目のシングル「OVER」発売日前には、森本の無期限活動停止を発表しているわけだが、その後の彼らのテレビでの露出の仕方は、局・番組によって、それぞれスタンスが異なっていた。

 まず知念侑李と中島裕翔が出演した6月27日放送分『不可思議探偵団』(日本テレビ系)では何事もなく、ごく普通に放送が行われていた。7月1日放送分『ザ少年倶楽部』(NHK)は通常通り、7月3日放送分『スクール革命』(日本テレビ系)は歌パート部分が地域によって無くなったり、テロップ処理が施された。

 また、4月からスタートした『ヤンヤンJUMP』(テレビ東京系)7月2日放送分では、新曲「OVER」の映像の際、おそらく森本が他メンバー数人と一緒に抜かれる部分のカットをPVの一部映像と差し替え、引きの全体像のみにして対応しているように見えた。

 いずれの番組も、喫煙問題等への言及・謝罪などは特になかったが、問題発覚からすぐに「無期限活動停止」という厳しい処分をしているのだから、これは特に不自然な対応でもないだろう。だが、これらと唯一、大きく異なったのは、高木雄也、伊野尾慧が出演した7月1日放送分『人志松本の○○な話』での扱いである。

 この日のテーマは「好きなものの話・ハマッている芸人編」。バナナマン日村勇紀や、オードリー若林正恭、バカリズムなどが出演するなか、田中美保とともにHey!Say!JUMPの二人が「ゲスト出演」していたのだが、びっくりするくらい一言もしゃべらない。実際に、二人が緊張して何もしゃべらなかったということも考えられるが、それにしても、田中美保には何度か話題がふられていたにもかかわらず、高木・伊野尾は話しかけられることもなく、ただ横で笑うばかり。

 最後に唐突に「いちばんハマッた芸人」を発表するという役がふられてはいたが、田中美保は写真集の告知がされていたにもかかわらず、Hey!Say!JUMPのはCDの告知もなかった。冒頭から特に紹介もされず、最後の告知もなく、芸人たちと横並びで座って笑っているだけという状況は異様なほどで、何も知らない視聴者などは「誰? この子たち?」と不自然に思ったのではないだろうか。

 そして5日放送の『HEY!HEY!HEY!』(フジテレビ系)では披露されるはずだった「OVER」がカットされ、トークのみ。中島裕翔が楽しんごのモノマネをしている際には、森本がいるであろう場所に巨大な楽しんごの写真が映し出されていた。

 未成年のファンも非常に多いHey!Say!JUMPだけに、メンバーの喫煙問題はもちろん重大ではある。だからといって、他メンバー出演の際に紹介も告知もなくその場に置いておいたり、視聴者に映っていないように画像を処理する対応は、大人の「良識」なのだろうか。
(田幸和歌子)

「OVER」

なんのための配慮なの?

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
Hey!Say!JUMP、「ジャニーズ史上最大の特典数」で好調なCD売り上げ
ストーカー事件に続く衝撃! Hey!Say!JUMP森本龍太郎の喫煙写真の波紋
30年前のあの名前? ジャニーズJr.新グループのネーミングが話題に

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク