今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

大作『JINー仁ー』最終回から伝わるTBSの鼻息

jindorama.jpg
『JINー仁ー』オフィシャルガイ
ドブック(ワニブックス)

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎『こち亀』化したりして

 視聴率は良かったけど、視聴率さえ良ければ何でもいいのか? そう詰め寄りたくなる『JINー仁ー』(TBS系)最終回。ラスト、畳みかけるようなセリフ読み上げによる辻褄合わせと、三時過ぎの『ミヤネ屋』(読売テレビ)もビックリの、数分おきで小刻みに入るコマーシャル。とりあえず、「何だよ、またお預けかよ!」と文句を言われないよう、謎は全部解いときました、それとはまた別の話で繋げさせてもらいまひょと。昭和の紙芝居のオッサン的技術で、高らかに宣言された「つづく」。つづきが楽しみ、という熱量は、明らかに視聴者よりTBSの方が大きい。5年くらい経ってもまだやってたらどうしよう。

◎すでにレコーディング済?

 武井咲の出てるCMって、爽健美茶なんかもそうだけど、何か脱力モノが多いなぁ。ジャクソン5風に5人の武井咲が出て来るイオンのCMもそう。衣装やステージは70年代当時っぽいのに、歌い出した途端「いーまーこーそー」ってメロディと歌詞にズッコケそうになる。何だろうあの歌。あまりにへっぽこで、かえって続きが聞きたい。武井咲には、ぜひあの歌でCDデビューして欲しいものだ。

◎最後の見せ場

 女性問題で事実上更迭となった、原子力保安院の西山審議官。「迷惑をかけるので辞します」と自らマイクの前でけじめをつける潔さは良かったが、どうせなら最後の会見では、壇上でカツラを脱いで、マイクの横にそっと置いてから去って欲しかったな。さよならのかわりに。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
電撃婚をした加藤ローサ夫妻が、いまやるべき商売とは
事務所があれば無敵だった? 岡本夏生のフリー活動が惜しまれるワケ
植毛ネタを取り上げない『とくダネ!』に見る小倉キャスターの頭髪事情



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

大作『JINー仁ー』最終回から伝わるTBSの鼻息のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 週刊ヒトコト斬りのニュースならサイゾーウーマンへ!