[ジャニーズ・メディアの裏側]

「これから脇役で売っていく!」SMAP最後の隠し玉、稲垣吾郎の新戦略

inagakigoro03.jpg
たしかに脇役で輝きそうなタイプ

 国民的人気グループ・SMAPと言えば、いまやドラマや映画では主演が当たり前となっている。しかし、メンバーの中でも稲垣吾郎だけは違うようだ。7月6日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『ブルドクター』(水曜午後10時~)では、主演の江角マキコ、石原さとみに次ぐ3番手の扱いなのだ。しかも、それがSMAPの”育ての親”と言われるI女史の戦略だというから驚きだ。

「I女史は『稲垣はこれから脇役で売っていく!』と周囲に豪語していたそうです。本人も”イイ人”役を求められる主人公より、さまざまな役を演じられる脇役の方が良いみたいです」(テレビ関係者)

 脇役に開眼したきっかけは、昨年公開された役所広司主演の映画『十三人の刺客』だ。同作で稲垣は暴虐、無法の限りを尽くした明石藩主・松平斉韶役を演じた。

「狂気じみた演技は業界から絶賛され、本人もその気になっていたとか。この成功があり、事務所も『稲垣は脇役でもイケる』と感触をつかんだそうです」(映画関係者)

 実は、この映画のキャスティング当初は稲垣も斉韶を討つ十三人の刺客の一員であったが「運動神経がなく、殺陣の演技に不安があるということで、キャンセルされたんです(笑)。対して斉韶は派手なアクションシーンはなし。結果的にSMAPの中で最も運動オンチだった稲垣さんだったからこそ、災い転じて福となった」(同)という。

 SMAPの中では芝居のイメージは薄い方だが、I女史の見込んだ脇役路線で数年後には”稲垣の時代”がやって来るかもしれない。アジのある俳優として息の長い活躍が期待できそうだ。

『スマップ・エイド(しあわせのYELLOW-AIDハンカチ、げんきのRED-AIDハンカチのいずれか1種封入)(初回プレス盤)』

はぐれ刑事のヒナ的な?

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
稲垣吾郎、「早く死んでほしいくらいにひどい役」を怪演! 共演者から絶賛の声
「ボクのこと、OLと思って」稲垣吾郎が人気美容スポット通い
稲垣吾郎、キムタクからの”熱烈な”誘いにもやる気ナシ!?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  10. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  13. キャラ変え好調の乙武洋匡
  14. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  15. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー