マスカラ戦線に異常アリ!

最新のチープマスカラ事情に迫る! 4,000円台マスカラを追いやる実力

cheapmascala.jpg
(左)「メイベリン ボリューム エクスプレス フォルス ラッシュ」
(中)「デジャヴュ ファイバーウィッグ エクストラロング」
(右)「マジョリカマジョルカ ラッシュゴージャスウイングNEO」

 「プチプラの化粧品は10代のためのもの」という、これまでの常識が本格的に崩れ始めているようだ。それは百貨店の化粧品をメインに構成する「VOCE」(講談社)や「マキア」(集英社)、「美的」(小学館)といった美容マニア雑誌での掲載頻度が増えていることから見ても分かる。世間のデフレに拍車がかかる中で、美容業界とて例外ではなく1,000円台のプチプラコスメの勢いが増しているのだ。その中でも順調に推移しているのがアイメイクのカテゴリー。特にマスカラの機能性は4,000円台級のプレステージブランドに名実ともに引けをとらない成長ぶりだ。

 アイメイクのトレンドは、ずばり”盛り”。主役はまつ毛で、エクステやつけまつ毛が急成長している。つけまつ毛はギャルのみならず、目力重視の大人の女性にまで幅広く浸透しているのだ。では、マスカラ自体の売り上げは落ちているのかと思いきや、「つけまつ毛やエクステは、マスカラの売り上げには影響していないと考えています。むしろ購買層が広がっています」(イミュ広報担当)と、減少傾向は見られていない。そして「マスカラは自まつ毛とつけまつ毛をなじませる、ノリのような役割を果たします。つけまつ毛とマスカラを併用している方が多いんです」(メイベリン ニューヨーク広報担当)ということで、マスカラは使用層や使い方が多様化してマーケットが伸長しているのが現状のようだ。

 マスカラが一般化したのは現在の30~40代の層が20代だったころだ。その世代がマスカラを使ってアイメイクをし始めて以来、日本人の短くて直毛のまつ毛を、くるんとカールした長いまつ毛にすべく製品改良が加えられてきた。さらに湿度の高い日本の気候や忙しい女性の利便を考えて、ウォータープルーフやフィルムタイプといった機能が追加された。日本人のまつ毛が短い、直毛、下向きと”三重苦”を抱えているからこそマスカラは高機能化してきた。そして、これらの機能が高級なマスカラだけのものではなく、プチプラゾーンに付加され始めたのが今なのだと言ってもいい。

 さてプチプラブランド各社は、どのような製品を打ち出しているだろうか。2011年もマスカラの市場で首位を独走するメイベリン ニューヨークのオススメは、「メイベリン ボリューム エクスプレス フォルス ラッシュ」(7月2日発売予定、1,260円)。まつ毛1本1本のボリュームを増やすだけでなく、短いまつ毛にファイバーを絡ませることにより、まつ毛に2倍の増毛感を持たせた新しいタイプの”ボリューム”を提案する。

 続いて発売から10年たった今でも定番の、イミュの「デジャヴュ ファイバーウィッグ エクストラロング」(1,575円)。09年のリニューアルによって、フィルム液がまつ毛に密着する力がアップし、さらにまつ毛が長く見えるように。ボリュームが欲しい人には「デジャヴュ ラッシュノックアウト」(1,575円)もある。

 さらに、資生堂のマジョリカマジョルカのマスカラも人気。先ごろ発売したばかりの「マジョリカマジョルカ ラッシュゴージャスウイングNEO」(1,260円)は漆黒ファイバーがダマにならずにフサフサのまつ毛を作り、前作に比べて繊細な印象のまつ毛が完成する。その他にも昨年から今年にかけて新しいブランドが続々と登場している。常盤薬品工業のギャフィックス(1,365円)やキューティスのキングダム(1,575円)などはプチプライスながら大人の女性が満足できる仕上がりだ。

 まつ毛のトレンドをあえて言うなら、ファイバーを増量しボリュームを出しながら、しっかりとセパレートした扇形を作ること。今はナチュラルでより美しい仕上がりが求められている。そして多くのブランドが驚くほどの期間で新製品を打ち出していて、ブランド側はこれらのニーズにスピード感をもって対応し製品をアップデートする。逆に言えば、デフレによる競争激化で、ニーズに敏感でなければ生き残れないのだ。バラエティーショップやドラッグストアに2年も行っていないというあなた、進化したプチプラマスカラでビューティー度をアップデートしてみるころ合いかもしれませんよ。
(庄司真紀)

『Panasonic まつげくるん ボリュームコーム 白』

まつ毛は丸めないとネ!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
黒豚、なまこ、梅干しの種まで!? ご当地石鹸の意外な成分に注目
超オイリー女が実践してる! 顔のテカリとおさらばする方法
アイシャドウがコントロールカラーに! 化粧品を使い切る裏ワザ

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  11. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  12. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  13. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  14. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  17. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  18. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  19. 違法ギャンブル逮捕に狩野英孝が冷や汗
  20. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー